線路端探訪

新車搬入基地


西鹿島駅を出発してしばらく進むと、岩水寺駅とのちょうど中間辺りで、進行方向の向かって左側に広い空地と線路が見えてきます。ここは、新しい電車を搬入する為の基地です。基地といっても、途切れた線路と広場があるだけで、他には何もありません。

写真右側の空き地に大型トレーラーとクレーン車が入り、側線の上に電車を載せる仕組みです。終電後の真夜中に、本線と線路を繋ぎ、新しい電車を本線上に(多分、人力で)移動させた後、他の電車なり、電気機関車なりの牽引で西鹿島工場まで輸送します。

2015年2月23日、この場所から2000系の第6編成が搬入されました。



線路接続部

本線との線路の接続部分です。枕木にレールを固定する金具が準備されています。線路を繋ぐ時は、一旦、本線の線路を取り外し、予め準備した接続用のレールと取り換えると思われます。

接続用のレールは、普段は準備されていないようでした。



かつての新車搬入側線

かつて新車搬入は、第二期高架線が出来るまでは、ご覧の上島駅構内の側線を使って、搬入されていました。左側の道路にクレーン車とトレーラーが入り、側線に電車を乗せ、真夜中に本線と線路を繋ぎ、 搬入する形態は、今と同じです。

ここからの搬入は、2000系第5編成が最後となりました。

高架線が開通し、駅が高架上に移動した後、旧上島駅と共にこの側線も役目を終えて取り壊され、今は跡形も残っていません。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】