線路端探訪

岩水寺駅


西鹿島駅の次は、岩水寺駅です。安産・開運・厄除けの祈祷で知られる龍宮山「岩水寺」が駅名の由来です。

駅舎は、ログハウス風の洒落た建物で、西鹿島駅と共に中部の駅100選に選ばれたことがあります。

幹線道路からは離れていて、少々判り難い場所にありますが、2012年10月に駅東側に送迎レーンが完成し、アクセスが大分改善されました。また、駅西側にも、従来から送迎者用駐車場、契約駐車場、駐輪場が設けられています。

ちなみに、天竜浜名湖鉄道にも同名の駅がありますが、この駅とは大分離れた場所にあります。


駅舎の軒下には、石造りのこんな道標があります。


こちらが、今回の改修工事で新たに設けられた送迎レーンです。これにより、駅へのアクセスが大幅に改善され、大変便利になりました。

なお、手前の砂利の部分には、この後、駐輪場が設けられました。


送迎レーンに隣接して、券売機室も作られました。ここから構内踏切を渡って、ホームに出る事ができます。

駅名の看板が誇らしげですね。


ホームは島型で、列車交換ができるようになっています。日中、この駅での列車交換はありませんが、臨時列車運行時やダイヤが乱れた際には、この駅が列車交換に使われることもあります。

以前のホームは、屋根の柱に古レールが使われていて、ローカル色豊かでしたが、2012年秋に駅施設の大幅な改修工事が行われ、ホームの嵩上げ、屋根の新築、バリアフリー化、などが行われ、近代的な駅に生まれ変わりました。


先述の駅改修工事では、バリアフリー対応工事が行われ、従来、階段だった駅舎とホームとの間が、スロープに作り変えられました。これに伴って、構内踏切が20mほど西鹿島方に移設されました。


また、駅施設の改修工事と併せて、退避線の新浜松側に出発信号機が新設されました。これにより、本線/退避線何れからでも、新浜松方面あるいは西鹿島方面に出発できるようになりました。

同様な設備は、高架化された、助信・曳馬・上島の各駅でも見られ、列車運用の柔軟性と冗長性を高めています。


ホームの西側には、そこに側線と貨物用ホームがあったことを示す跡が残っています。貨物用ホームの跡は、現在、駐輪場に変わっています。

また、2010年頃まで、貨物ホーム跡から線路に降りるスロープの跡が、はっきりと残っていたのですが・・・・・・


・・・・・・先述の駅改修工事の際、綺麗に埋められてしまいました。コンクリートが白く新しいところが、スロープの跡だと判ります。


貨物といえば、西鹿島側にも貨物用側線とホームの跡が残っていて、貨物の取り扱いが盛んであったことが判ります。1961年には、年間8,600トンもの貨物の発送があったそうです。(到着は780トン)

ちなみに、写真奥のクリーム色の建物は、変電所です。



岩水寺駅の変遷です。

左;貨物扱いがあった頃。現在とは、構内踏み切りの位置が異なっています。先述のスロープの場所にも、構内踏切があったようです

中;3両運転開始の頃。ホームを西鹿島側に延長しています。この時、駅舎からホームに渡る構内踏切が、現在の位置に移動しました。

右;現在の駅構内。貨物側線は全て撤去され、痕跡を残すのみです。バリアフリー対応工事により、階段がスロープに変更され、駅東側には送迎レーンが設けられました。また、旅客ホームは、4両運転開始の際に、再延長されています。


ホーム延長の跡は、現在も確認することができます。

この写真は、上記の3両編成対応の際に、それまで使っていた階段を埋めてホームを延長した跡です。かつての階段の跡がくっきりと残っています。

また、延長と同時に、ホームの嵩上げを行った跡も確認できます。ホームは、先述の駅改修工事で、更に一段、嵩上げされています。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】