線路端探訪

芝本駅


岩水寺駅の次は、芝本駅です。この駅は、何度も移設を繰り返していて、現在の駅は4代目にあたります。

先代の駅は、1面1線のいわゆる“棒線駅”でしたが、全線の運転時間短縮のため、列車交換設備が必要となり、100mほど新浜松側に移設されたのが現在の駅です。

駅舎は、ホームと一体化したシンプルな建物です。このような駅舎は小林駅や西ヶ崎駅にも見られ、敷地のスペースを節約して、その分、駐輪場や駐車場に充てています。


構内の踏切から、西鹿島方面を見ています。安全側線から写真手前の線路の辺りが、先代の駅舎とホームがあった場所です。


芝本駅には、遠鉄で唯一の安全側線があって、上り下りの両列車の同時進入ができるようになっています。写真は、新浜松方の安全側線です。


芝本駅を出発すると、直ぐに25パーミルの勾配で高架線に上ります。

次の小林駅までの一部区間の短い高架線ですが、新東名高速道路への取り付け道路となり、交通量が飛躍的に増えた国道152号線との立体交差のため、2011年10月12日に切り替えられました。


ところで、高架線への勾配の脇にもレールが敷かれています。一体何のためのレールでしょうか?

はっきりしたことは知らないのですが、どうも新しいレールをここから搬入しているようで、その際、移送用の台車を乗せるためのレールと思われます(この場所でのレール搬入作業について、他の人が撮影した動画がYoutubeにアップされていました)。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】