線路端探訪

小林駅


芝本駅の次は、小林駅です。この駅もホームと駅舎が一体化したシンプルな駅です。

2007年11月に浜松赤十字病院がこの駅の近くに新築・移転し、最寄り駅となったことから、駅施設の全面的な改修が行われ、近代的な駅に生まれ変わりました。


ホームへの階段は、改修の際、バリアフリー対応のためスロープに作り替えられました。


駅西側には、小さいながらもロータリーと、浜松赤十字病院行きのシャトルバス乗り場が設けられました。オレンジ色の車が、そのシャトルバスです。

このバス乗り場の建設に伴い、駐輪場の半分が駅東側に移転しました。


公衆トイレも移転・改築され、新たに個室トイレが新設されました。


ホームは、屋根の改築、風除けの新設、嵩上げが行われると共に、全体が明るいクリーム色に塗り直されました。


駐輪場に隣接して、こんな素敵な建物があります。洋館風の建物ですが、実は変電所です。

なぜか、変電所がお洒落なのが遠鉄の特徴です。


別の角度からの撮影です。周囲に建物が多く、中々よい写真が撮れず、苦労しました。(笑)

手前の駐輪場は、貨物側線の後を利用して作られています。私の母の実家が、この駅の近くにあるのですが、その母が子供の頃、留置されている貨車で遊んで駅長に叱られたエピソードを語ってくれました。危ないから良い子は真似しないでね(笑)


ちなみに、改修前の小林駅はこんな風でした。ホーム屋根が古めかしいですね。



小林駅の変遷をまとめてみました。

左;貨物扱いがあった1960年代中頃までの小林駅。駅西側に貨物側線と貨物ホームがありました。当時は、貨物ホーム全体を覆う大きな屋根もあったそうです。

中;1967年11月の貨物扱い廃止後の小林駅。増結対応のため、ホームを西鹿島側に延長(同時に拡幅もしたようです)、駅舎を新浜松側に移動すると共に、新浜松側のホームを一部切断して階段を新設しました。

右;現在の小林駅。旧駅舎跡は浜松赤十字病院行きのシャトルバス乗り場、貨物ホーム跡は駐輪場と公衆トイレ、旧旧駅舎跡は変電所に転用されています。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】