線路端探訪

美薗中央公園駅


小林駅の次は、美薗中央公園駅です。1面1線の小さな駅です。

2007年8月1日付けで北浜中学校前駅から改名され、それと共に設備の全面的な改修工事が行われ、小さいながらも近代的な駅に生まれ変わりました。

この駅は、1951年4月1日開業の遠鉄では比較的新しい駅で、駅東側に村立中学校(現在の浜松市立北浜中学校)が新設されたことに伴って、当時の北浜村が駅を誘致したものです。

建設当初は「北中(ほくちゅう)」という駅名が予定されていたようですが、「北浜」に変更の上開業し、その後、1977年8月1日付で「北浜中学校前」、そして2007年8月1日に「美園中央公園」となりました。

文献によっては、「北中」の駅名で1950年4月26日開業と記述されていますが、遠鉄が名古屋陸運局に提出した申請書類の日付が1950年11月29日であったこと、また、北浜駅の開業が1951年4月1日であったことから、建設中に駅名が北中から北浜に変更されたと推定されます。


駅の入り口です。先述の設備改修工事により従来の階段が廃止され、新たにスロープが設置されました。

この写真の場所には、北浜駅時代には駐輪場や待合室がありました。


改修の際、3メートルほどですがホームも延長されました。4両編成の列車が、余裕を持って停車できるようになりました。


かつて、4両編成対応の際、それまで使っていた階段の一部を埋めて、ホームを延長しています。

駅改修工事の際、隙間がセメントで埋められたことにより、古い階段跡がはっきりと判るようになりました。


ちなみに、改修工事前の駅舎はこんなでした。どこがどう変わったか、お判りになりますか?




【トップ】 【次の駅】 【前の駅】