線路端探訪

浜北駅


浜北駅舎

美薗中央公園駅の次は、浜北駅です。以前は、地名を取って「遠州貴布祢」(えんしゅうきぶね)という名前でしたが、浜北市(現、浜松市浜北区)の玄関にふさわしい名前を、ということで1977年8月1日に「浜北」に改名されました。

現在の駅舎は、2004年に新築された建物で、当初は味も素っ気も無かったんですが、2018年2月現在は、ご覧の通り少し華やかになっています。

ちいさく看板が見えますが、駅舎内には遠鉄トラベルの営業所が設けられています。


ホームは、遠鉄の地平駅で一般的な島型ホームです。2017年夏から2018年初頭に掛けてホームが全面的に改築され、以前よりも拡張されるとともに、バリアフリー対応のためのスロープや安全柵が設けられました。この写真は、送迎用駐車場から構内踏切とホームに上がるスロープを写しています。


ホームに上がって、新浜松方から写しました。新しいホームは、以前のホームよりも幅・高さ・長さいずれも拡張され、弱者に優しく、また、より多くの乗客に対応できるようになりました。更に安全柵も取り付けられ、より安全で便利な駅に生まれ変わりました。

取材に訪れた2018年2月18日は、新ホームがオープンして間もない時で、工事中に使われた仮設ホームの撤去工事が行われていました。


新しいホームでは、案内表示が日本語と英語のほかに、繁体字中国語、簡体字中国語、それにハングルの5か国語対応となりました。

鉄骨の内側を青く塗るデザインは、新浜松駅にも見られます。今後、このデザインが遠鉄の駅施設の標準になっていくのかもしれません。


駅舎の北側には、送迎用と遠鉄トラベル用の駐車場が設けられています。駅施設の改良工事の一環として設けられました。家族を車で送り迎えする際、待ち合わせ用に大変便利です。私もお世話になっております。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】