線路端探訪

浜北駅


浜北駅舎

美薗中央公園駅の次は、浜北駅です。以前は、地名を取って「貴布祢」(きぶね)という名前でしたが、浜北市(現、浜松市浜北区)の玄関にふさわしい名前を、ということで1977年8月1日に「浜北」に改名されました。

現在の駅舎は、2004年に新築された建物なんですが・・・今ひとつぱっとしない、と思えるのは私だけでしょうか?どうせなら、西鹿島駅や岩水寺駅のようなお洒落な駅にしてほしかったですね。

なお、待合室には遠鉄トラベルの営業所が設けられています。


ホームは、遠鉄の地平駅で一般的な島型ホームとかまぼこ型の屋根が特徴です。なお、2017年度末までに、バリアフリー対応と乗降客増加対応のため、ホームの延長・拡幅と、スロープの設置、安全柵の設置など、全面的な改修が行われるとのことです。


かつては拠点駅だったこともあって、この駅を始発とする列車が設定されていて、そのためのホームと側線が設けられました。私も幼い時、一度だけ、このホームから、電車に乗ったことがあります。

現在も、ホームと側線は残されていますが、通常は使われることはなく、廃車となる電車の留置や、保線車両の疎開に使われる程度です。先述のバリアフリー対応工事に伴い、この側線とホームも取り壊される計画です。


浜北駅も岩水寺駅と同じく、かつては貨物の扱いが盛んで、貨物用の側線とホームがありました。現在、駐輪場となっている写真の場所が、貨物側線とホームの跡です。


貨物用側線は、新浜松側から分岐していました。写真中央の2軒の物置小屋の辺りが線路跡であることが判ります。

ここから引き込まれた線路は、さらに分岐して写真右方向へ大きくカーブし、駅の北西にあった日清紡績浜松工場へと続いていました。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】