線路端探訪

小松駅


浜北駅の次は、小松駅です。駅前にはバス停やタクシー乗り場があります。

駅舎は、小さいながらも駅ビルとして作られているのですが、なんだか寂れたように見えます。以前は、待合室に売店もありました。

屋根の色や壁の色は、西鹿島駅と合わせているようです。


駅構内には、島形ホームと列車交換設備があります。

この駅も、他の駅と同じく、かつては貨物扱いがありました。写真右の現在は改札口となっている辺りから、写真奥の駐輪場にかけて、貨物側線と貨物ホームが設けられていました。



貨物扱いがあった頃から、現在までの小松駅の変遷をまとめてみました。

左;貨物扱いがあった1960年代中頃までの小松駅。先述の通り、駅西側に貨物側線と貨物ホームが設けられていました。

中;1968年?月の貨物扱い廃止後の小松駅。この後、増結対応のため、ホームを新浜松側に延長したと思われます。

右;現在の小松駅。貨物ホーム跡には、駐輪場と眼科医の診療所が建っています。駅舎は、建て直しの際に幾分、線路側(東側)に移動したようです。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】