線路端探訪

西ヶ崎駅


小松駅の次は西ヶ崎駅です。駅舎がホームと一体化したシンプルな駅です。

この写真は、2015年9月5日に地元有志が行った25F編成の貸し切り運転の際、列車が西ヶ崎駅に停車した時に撮影しました。待避線に停車中の電車が25F編成です。……線路まで立ち入って写真を撮っている人がいますが、これは悪い見本ですね。


西ヶ崎駅には、隣接して鉄道営業所とCTCセンターが置かれていて、鉄道運行の中枢を担っています。

写真がその鉄道営業所の建屋で1階が事務所、2階が乗務員詰所になっています。また、CTCセンターは、この建物の左手奥にあります。


この駅には、保線車両が留置されています。青い機関車は、ED28型2号機で、1925年に英国で生まれ、豊川鉄道(現・JR飯田線)や国鉄で活躍した後、1960年2月に遠鉄にやってきました。

黒い貨車は、バラスト散布用のホキ車です。JR東海から3両を購入しました。

黄色の小さな車両は、松山重車輌工業製の保線用モーターカーです。

この側線は、廃車を解体する際にも使われます。その際、ED28とホキ車を移動させなければならないのですが、ED28がATSを装備しておらず、列車運行中は本線を走れないので、電車が迎えに来て、西鹿島駅や浜北駅まで牽引していきます。

この回送列車は、電車>ホキ車>電気機関車の順番で、貨車の前に電車、後に機関車が付くという珍編成です。


西ヶ崎駅には、1977年12月まで車両工場がありました。本線から車両工場へは、新浜松側から線路が分岐していました。私にとって遠鉄に乗った際、この西ヶ崎駅の車両工場を見るのが一つの楽しみになっていました。

老朽化した設備の近代化と電車運用の合理化のため、車両工場が西鹿島駅に移転した後、跡地には遠鉄グループが経営するアパートが並んでいます。クリーム色とオレンジ色のアパートが建っているところが、かつて車両工場があった場所です。

ちなみに、ED28の前にある灰色のビニールハウスのような建物は、先述の保線用モーターカーの車庫です。


駅西側のこの場所には、かつて貨物側線と貨物用ホームがあったそうですが、私は全然、見た記憶がありません(^_^;)。多分、車両工場の方に目が行っていて、反対側は見たことが無かったからでしょう。

ちなみに、駐車場の車止めには古い枕木が使われていました。


こちらは、1975年(昭和50年)当時の西ヶ崎駅の航空写真です。新浜松方から分岐して櫛型に敷かれた線路と、車両工場の建物がよく判ります。

撮影された時間は不明ですが、車両がほとんど出払っているようですから、早朝かもしれません。

この写真が撮影された1975年当時、西ヶ崎工場は老朽化が進んでいました。先述の通り、設備の一新と、電車運用の合理化のため、西鹿島駅構内に検車場(1974年8月完成)と検修車両工場(1977年12月完成)を建設し、西ヶ崎車両工場はその役目を終えました。

<<航空写真の出典:国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省より>>


なつかしい西ヶ崎駅旧駅舎の貴重な写真です。現在の鉄道営業所の辺りにありました。


ホームから見た、西ヶ崎駅旧駅舎です。木造のローカル色豊かな駅舎でした。

3両運転開始の際、ホームを延長したことに伴って、構内踏切を新浜松方に移動しています。よく見ると、古い踏切の痕跡が残っています。

<<以上2枚の写真提供;toyama14771様>>



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】