線路端探訪

さぎの宮駅


積志駅の次は さぎの宮駅です。遠鉄の駅の中では、唯一、地下道を通らないと入れない構造になっています。

10分間隔の頻繁運転開始の際、列車交換設備が必要となり、従来のさぎの宮駅と新村駅とを統合するような形で新築されました。

線路が周囲の土地よりも高い位置にあったため、地下道で出入りする構造になったと思われます。


駅の南側出入り口です。左の小屋は公衆トイレの建屋です。


駅の南北両側には、駐輪場に加えてこのような送迎用駐車場が設けられています。利用者にとって便利な施設ですね。


ホームは、遠鉄で一般的な島形です。右側の線路が元からあった本線で、ここに駅を新築するにあたって、左側に拡張する形でホームと待避線が設けられました。

比較的新しい駅なので、ホームは広々としています。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】