線路端探訪

自動車学校前駅(避溢橋)


さぎの宮駅の次は、自動車学校前駅です。駅舎は4階建のビルの1階部分にあります。建物は立派ですが、駅は待合室のみの無人駅です。


ホームは、遠鉄で一般的な1面2線の島型ホームです。屋根はリフォームされましたが、ホームは未改修のままで、時代を感じさせます。


名前の通り、道路を挟んで、遠鉄が経営する自動車学校があります。私が訪れた2012年11月24日には、ちょうど、外壁の工事が行われていました。

ビルの手前に停められている青色の作業機は、この写真が撮影された2012年11月24日の未明に、高架線と地上線の切り替え工事に使われたDMVです。


せっかくなので、近くで撮影しました。アタッチメントを見ると、バラストを衝き固めるために使われたようです。

キャタピラの前後に鉄車輪も備えていて、線路上を走ることができます。


自動車学校の練習コースになっている広大な土地は、かつて、この場所に貨物総合駅を作る為に取得されたものだそうです。貨物駅の計画が頓挫した後、現在の自動車学校用地に転用されました。


ところで、自動車学校前駅を出発して新浜松方に少し進むと、こんな小鉄橋があります。水も流れていないのになぜでしょうか?


その答えはこれです。

「避溢橋」と書いて、「ひいつきょう」と読むそうです。このような橋は、地形の関係で大雨のとき、築堤が水をせき止めて上流側を水没させてしまう恐れがある場合に作るものとのことです。

おそらく、近くを流れる馬込川が氾濫した際に、溢れた水が築堤でせき止められるのを防ぐ為に、いわば水抜き用として作られたのだと思われます。

作られたのは多分、大正年間のはずですが、肝心の銘板が読めなくなっていて、よく判りませんでした。


鉄橋の造りは、鉄材をリベット止めして、その上に枕木を載せただけの簡素な造りです。

色褪せたコンクリートの橋脚が、年月を感じさせますね。

足場が設けられていますが、この先で行われた高架線との接続工事に関連して、この鉄橋に掛かるレールか枕木が交換されたらしく、その作業の為の足場のようです。


橋脚は、川の上流側が楔形に成型されていて、万一の出水時に水を受け流すように作られています。

ちなみに、この写真を撮影した時、この鉄橋の下は、通路として通行可能でした(今はフェンスで囲まれていて、立ち入ることができません)。上の写真でも、通路を示す矢印が置かれています


おかげでこんな写真が撮れました。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】