線路端探訪

助信駅


助信駅舎

曳馬駅の次は助信駅です。この写真は、地平時代に駅舎があった付近から撮影しました。

駅には、階段か写真左端のエレベーターで上ることができます。


助信駅ホーム

ホームは、気持ちの良いくらい一直線です。屋根は、第二期高架線の特徴であるドーム型、架線柱は、最近主流の鉄パイプを整形したものが使われています。


助信駅コンコース

ホーム下のコンコースは、とても広々としています。いざという時には、避難場所として使えそうです。


助信駅から八幡駅

八幡駅方面を写しました。

第二期高架線は、第一期高架線よりも高い位置に設けられています。見えにくいですが、線路が下っているように見えるあたりが、第一期高架線との接続部です。


助信駅下

2013年6月に通路の上から西鹿島方を写しました。土が剥き出しになっているところが、地平時代に線路とホームがあった場所です。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】