線路端探訪

八幡駅

助信駅の次は八幡駅です。この駅では、昼間の上り列車では最後の(下り列車では最初の)列車交換が行われます。

開業当初は、「繭市場前」という名前だったそうです。その繭市場の跡は、現在、ヤマハ株式会社が建っています。

現在の駅舎は、高架線の直下にあって、歩道橋を通って出入りします。


八幡線路跡

地平時代の線路は、高架橋の東隣に平行して敷かれていました。現在は道路に変わっています。

また、地平時代の八幡駅舎は、写真の歩道橋から少し手前側にありました。


このとんがり屋根の建物、何だか判りますか?洋風居酒屋じゃないですよ(^_^;)。実は、八幡駅の隣にある遠鉄の変電所で、1996年度の浜松市都市景観賞を受賞した建物です。1500kwの出力があるそうです。

この変電所は、地平時代の駅舎跡に建てられていて、隣は駐輪場になっていました。こんなお洒落な建物を作れるのに、なんで浜北駅はあんな没個性の建物ブツブツ・・・・


変電所の壁には、こんな飾りも付けられていました。ライオンのようですね。日本で言うところの鬼瓦のようなものでしょうか?



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】