線路端探訪

第一通り駅


第一通り駅

終点の一つ手前、第一通り駅です。駅舎は高架線の真下にあって、ガラス張り風に作られています。

入り口周囲は駐輪場になっていますが・・・それにしても物凄い数の自転車ですね。


第一通り駅ホーム

ホームです。両隣の駅との間隔が短いこともあって、列車交換設備は無く、1面1線のいわゆる棒線駅です。

この駅は、第一期高架工事の当初、計画に無かったのですが、駅西側にある繁華街への利便性を高めるため、建設が決まったと聞いています。事実、週末や忘新年会シーズンなど、深夜まで多くの乗降客で賑わいます。


第一通りから新浜松を望む

ホームから南方の新浜松駅方面を見ると、場内信号機と、その手前の遠方信号機が見えますが・・・これじゃ遠方信号機は必要なさそうですね〜


第一通り駅高架下

ところで、単線の線路に対して、高架橋の幅が広いことにお気づきでしょうか?実は、この高架橋の下は、新川という川が流れていて、その真上に高架橋が設けられているため、このようなコの字状の柱になったと聞いています。

高架橋の幅が広く採れることから、当初は複線も検討されたそうですが、オイルショックによる不況により、建設費を抑える必要に迫られ、単線で建設されたそうです。まあ、末端の2、3キロを部分的に複線にしたところで、効果は限られるでしょうが、2012年開通の第二期高架工事まで視野に入れると、頑張って複線化しておいても損は無かったも?というのが私の感想です。



【トップ】 【次の駅】 【前の駅】