線路端の遺構

遠州二俣駅跡

2018/11/12 加筆修正


大正時代の西鹿島

遠州電気鉄道時代の終点である遠州二俣駅は、現在の終着駅である西鹿島駅から、更に北へ400mほどのところにありました。しかし、駅施設や線路を写した写真は、ただの一枚も残されておらず、大正14年の地図に書かれた「ふたまた」の文字から、それを伺うことができるだけです。

線路は、天竜川によって形作られた河岸段丘に沿って敷かれていました。駅施設があった場所は、当時、日蓮宗妙雲寺(我が家の菩提寺です)の境内だったことを寺の住職が語ってくれました。

地図でお判りの通り、大正時代の西鹿島は、現在とは全く様子が異なっていました。現在の西鹿島駅前通りから東側は、天竜川が堤防で閉め切られていなかったことから、広大な河原が拡がっていました。事実、増水の際には、本流から溢れた水が流れ込み、川になっていたそうです。このため、昭和に入っていから大規模な治水工事が行われ、赤線の場所が堤防で閉め切られました。

ちなみに、黄色の矢印は、現在、西鹿島駅がある場所です。また、天竜川に掛かる橋は、現在の鹿島橋が掛けられる以前に掛かっていた、吊り橋の「天竜橋」です。


現在の西鹿島

現在の西鹿島の地図に、遠州二俣駅の場所を重ねると、こんな感じになります。大正時代との違いがお判りいただけるでしょうか?赤色が遠州二俣駅と遠州電鉄の線路を示しています。

一目でお判りの通り、線路は、天竜浜名湖鉄道(旧 国鉄二俣線)と重なります。1938年(昭和13年)3月1日、国鉄二俣線の建設にあたって、二俣線の経路と遠州二俣駅とが重なったことから、遠州二俣駅を廃止し、400m南に西鹿島駅を建設して移動したという訳です。


遠州二俣駅があった場所です。南から北を向いて撮影しました。10年以上前の撮影ですが、今もほとんど変わっていません。左の道路は国道152号線、また、線路は天竜浜名湖鉄道です。

大正時代には、駅から更に写真奥の天竜川河川敷まで引込線が敷かれていて、天竜川を船で運ばれてきた木材や鉱石を、浜松方面に出荷することが行われていたそうです。



【トップ】