線路端の遺構

遠州松木駅跡

2018/11/23 加筆修正


停車場一覧

現在、積志駅と呼ばれている駅は、改軌電化当初、遠州松木駅という名前でした。「松木」とは、当時の行政区である浜名郡積志村の中で、この駅周辺の字を指します。

 

Wikipediaによれば、駅設置時に土地を提供した地主からの要望で、遠州松木駅と命名されたそうです。時代が下り、昭和37年(1962年)、遠州積志駅に改名されて現在に至ります。

大正14年の地図を見ると、遠州松木駅の場所は、積志駅よりも若干南に位置しているように見えました。そこで、国立公文書館に保管されていた、電化開業当初の停車場一覧の哩程欄の数値から、遠州松木駅の場所を探ってみました。すると、現在の積志駅よりも、140mほど新浜松寄り、と算定されました。


松木駅跡

早速、積志駅の南方を調べてみると、下りの場内信号機が立っている辺りに、線路端が不自然に広く空いた場所が残されていることが判りました。

この場所は、大日本軌道鹿島線の時代に、軽便規格の線路が敷かれていた場所ですが、改軌・電化後に松木駅が置かれたと推定されます。ただし、残念ながらこの場所から現在の積志駅の場所に駅施設が移転したことを証明する文書は、発見されていません。あくまでも私の推測です。

先述の電化開業当初の停車場一覧によれば、遠州松木駅には乗降場と貨物積載場が設けられたと書かれていますが、一方で駅舎も待合室も無かったようですから、いたって簡素な駅だったのでしょう。もしかしたら、仮駅のようなものだったのかもしれません。

もし、移転が事実とすると、少なくとも昭和10年(1935年)には現在の場所に引っ越ししていたようです。また、遠州松木駅の移転と同時期に、隣の新村駅の列車交換設備が撤去されたものと推定されます。


地図

まとめると、このようになります。

真上から見ると、JAとぴあの集荷場前を通り、赤で示した駅跡と思われる場所に通じる、小道が残されていることが判ります。

物証が乏しいのが残念ですが、やはり、赤色で示した場所に駅があったと思います。



【トップ】