線路端の遺構

松木駅跡


松木駅跡

現在、積志と呼ばれている駅は、改軌電化当初、松木駅という名前でした。Wikipediaによれば、駅設置時に土地を提供した地主からの要望で松木駅と命名されたそうです。ひょっとして人名でしょうか?

国立公文書館に保管されていた、電化開業当初の駅一覧表から松木駅の場所を算定すると、現在の積志駅よりも、140mほど新浜松寄りにあったことが判りました。そこで、積志駅の南方を調べてみると、下りの場内信号機が立っている辺りに、線路端が不自然に広く空いた場所がありました。ここが、松木駅のあった場所と推定されます。


松木駅跡

先述の電化開業当初の駅一覧表によれば、松木駅には乗降場と貨物積載場が設けられたとの事ですが、一方で駅舎も待合室も無かったようですから、駅というよりも停留所に近いものだったのでしょう。

現在の位置に移動した理由は、列車交換設備を作る必要に迫られたからと考えられます。

また、積志駅の移転開業と同時期に、隣の新村駅の列車交換設備が撤去されたと推定されます。



【トップ】