線路端の遺構

遠州松木駅跡

2019/3/29 加筆修正(アンダーライン部)
2018/11/23 加筆修正


停車場一覧

現在、積志駅と呼ばれている駅は、改軌電化当初、遠州松木(えんしゅうまつき)駅という名前でした。「松木」とは、当時の行政区である浜名郡積志村の中で、この駅周辺の字を指します。

Wikipediaによれば、駅設置時に土地を提供した地主からの要望で、遠州松木駅と命名されたそうです。時代が下り、昭和37年(1962年)、遠州積志駅に改名されて現在に至ります。

大正14年の地図によれば、遠州松木駅の場所は、積志駅よりも若干南に位置しているように見えました。そこで、国立公文書館に保管されていた、電化開業当初の停車場一覧の哩程欄の数値から、遠州松木駅の場所を探ってみました。すると、現在の積志駅よりも、140mほど新浜松寄り、と算定されました。


新旧地図比較

そこで、新旧の地図を見比べるサイトで位置を比較してみると、旧遠州松木駅は、確かに積志駅の南方100m位の場所に書かれていました!

左の地図は、昭和15年(1940年)測量、昭和22年(1947年)発行の地図です。旧遠州松木駅の場所は、当初予想していたよりも積志駅に近く、現在のJA低温倉庫の前辺りです。

「今昔マップ on the web」より


公文書館資料 公文書館資料

次に、公文書館に保管されていた文書から、昭和26年(1951年)4月1日付で、旧遠州松木駅構内に信号設備を設置する申請書が提出されたことが判りました。申請書には、構内配線を変更して列車交換設備を新設するための信号設置、と書かれていて「移転」とは書かれていませんでした。したがって、旧遠州松木駅は、少なくともこの時期には、現在の積志駅の場所に移転していたことになります。

駅の移転自体の申請書は、残されていませんでしたので、移転の正確な年月日は不明ですが、昭和15年から昭和26年までの10年間のどこかで移転が行われたと推定されます。まず、駅施設が移転し、その後、信号と待避線が設置されたと考えるのが自然でしょう。また、遠州松木駅の移転と同時期に、隣の新村駅の列車交換設備が撤去されたものと推定されます。


松木駅跡

旧遠州松木駅があった場所です。今は、線路に沿って細い歩道があります。緑のフェンスの左側は、JAの低温倉庫です。ちなみにこの場所は、大日本軌道鹿島線の時代に、軽便規格の線路が敷かれていた場所でもあります。

今となっては旧遠州松木駅の痕跡は皆無ですが、茶色のフェンスと線路との間に、プラットフォームがあったのかもしれません。

先述の電化開業当初の停車場一覧によれば、遠州松木駅には乗降場と貨物積載場が設けられたと書かれていましたが、一方で駅舎も待合室も無かったようですから、いたって簡素な駅だったのでしょう。もしかしたら、仮駅のようなものだったのかもしれません。


地図

まとめると、このようになります。



【トップ】