線路端の遺構

遠江銀行倉庫専用線跡


専用線地図

国立公文書館に保管されていた、遠州電気鉄道時代の資料には、本線の他に、各所に専用線(引き込み線)があったことが記されています。この内、日清紡浜松工場と日本楽器製造については割と知られていて、このサイトでも別のページで紹介していますが、これら以外にも、浜松倉庫と遠江銀行倉庫に専用線があったことが判りました。

左の写真がその場所を記した地図です。当時の鉄道省に提出した書類に添付されたようで、日清紡績浜松工場の専用線は、まだ書かれていません。

現在、浜松倉庫の引き込み線跡については、再開発で跡形もありません。一方、遠江銀行倉庫の専用線については、何か痕跡がありそうです。


専用線跡

で、早速その場所に行ってみたのですが……なーんにも残っていませんでした。

地図に書かれていた起点からの距離によると、小松駅の北方100m〜200mの地点ということになり、この駐車場が線路跡の可能性があるのですが、それらしい痕跡は皆無でした。

駐車場の反対側に行ってみれば、もう少し何か判るかもしれないと思い、歩いてみましたが、やはり何もありませんでした。


航空写真

それなら空から見れば何か判るかと思い、国交省の航空写真を調べてみました。

やはり、先ほどの駐車場以外にそれらしい痕跡は判りませんでした。

ところで、銀行の倉庫に鉄道を使って運ぶものって、一体何だったんでしょうね?こちらも気になります。

<<航空写真の出典:国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省より>>



【トップ】