線路端の遺構

日清紡績浜松工場専用線跡


現在、浜北駅前には、再開発で建設された大型複合施設「なゆた浜北」が建っています。このため、かつて駅前に残っていた、日清紡績浜松工場への専用線の跡は完全に消滅してしまい、確認することが出来ません。


なゆた浜北の西側には、「二俣街道」または「秋葉街道」と呼ばれている県道が南北に走っています。この県道を渡り、老舗旅館の南側に、専用線跡を利用した細い道路が残っています。

また、この専用線には、一時期「西遠軌道」の線路が並走していたと思われます。

この写真の場所はこちら

専用線跡は、パチンコ店の裏手を通り、北西方向に進んで行きます。


専用線跡の道路を更に北西に500mほど進むと、道路は右にカーブしていきますが、歩道が不自然に広くなっている場所があります。

専用線は、この歩道のところに敷かれていました。(下の航空写真のB地点)

ちなみに、右にカーブしていく道路は、西遠軌道の線路跡を利用して作られています。


上の写真の場所から更に進むと、小さな用水路が流れています。(下の航空写真A地点)

専用線は、ここを小鉄橋で渡っていたはずなのですが、何の痕跡もありませんでした。

この写真の場所はこちら

更に進むと、大型商業施設「プレ葉ウォーク浜北」が見えてきました。ここは、日清紡績浜松工場跡に建てられた巨大ショッピングモールです。色々なお店が沢山あるのは良いことなんですが、浜北地区の人口に比べて、少々巨大過ぎる気もしますね。


道路との分岐点からさらに西側に進んだ場所は、2010年ごろまで空地になっていて、ここが専用線跡であることを示す標識が立っていました。

しかしその後、空き地は住宅地となってしまい、標識もいつの間にか撤去されてしまいました。


私が最初に訪れた2005年3月20日当時、日清紡績浜松工場は、すでに取り壊された後で、整地作業が行われていました。

工場には、の歴史を物語るレンガ造りの古い建物が残されていて、文化財として保存されるかと思っていましたが、無情にも取り壊されてしまい、今では壁の一部がモニュメントとして残されているに過ぎません。


2005年当時は、更にこのような門が残されていました。専用線があった当時、ここから遠鉄の電気機関車が牽く貨物列車が、工場内に出入りしていたそうです。


この写真は、専用線が撤去されてから約3年後の航空写真で、専用線の跡は既に道路に転用されています。旧貴布祢駅の下の方(新浜松方)から、専用線が分岐して、大きくカーブしながら北西方向に延びていたことが判ります(赤い線)。

水色の線は、二俣西街道です。この当時は、片側1車線の狭い道路で、民家や商店の間を縫うように走っていました。

駅舎は先々代の木造建築です。よく見ると、上下線の列車が交換しているのがわかります。また、遠鉄とは関係ありませんが、駅の左側には、懐かしい映画館も見られます。


同じく、1975年撮影の日清紡績浜松工場付近の航空写真です。専用線は、赤い線に沿って敷かれていたことがよく判ります。

<<以上2枚の航空写真の出典:国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省より>>

ちなみに、航空写真は、こちらから閲覧できます→国土交通省ウェブマッピングシステム


工場跡の近くにお住まいの方から、取り壊される以前の日清紡績工場内部の写真をいただくことができました。

この写真は、かつての貨物プラットホームを北から南に向いて撮影したもので、前述の工場入り口の門が、写真奥となります。


別角度からの写真です。荷物の積み下ろしの為か、ところどころ、屋根が設けられています。


上記の写真とは反対に、南から北方向を写した写真です。

錆びた鉄骨、ひび割れたコンクリート、水が流れた後、歴史を感じさせる一枚です。

<<以上3枚の写真提供:hagi様>>


そういえば、工場が取り壊された後の広大な空き地には、こんなものが飛んできていました。

この写真は、2005年9月の撮影で、白い飛行船は、株式会社日本飛行船所有(当時)の“ツェッペリンNT(ニューテクノロジー)号”です。この場所が関東方面からの中継地として丁度よい場所にあり、広さも十分だったため、頻繁に飛来していました。周囲に比べて小さく見えますが、これでも全長75m(ジャンボジェットより長い)あり、その大きさに圧倒されたことを覚えています。

ツェッペリンNT号は、ドイツで建造された3隻のうちの1隻で、コンピュータ制御の可動式プロペラにより、高い機動性を持つ新世代の飛行船として期待されました。しかし、この写真のわずか5年後に運行会社が経営破綻。飛べなくなったツェッペリンNT号は、長らく格納庫に係留されていましたが、結局買い手が付かず、解体されてしまいました。



【トップ】