線路端の遺構

新村駅跡


積志駅と、さぎの宮駅の間には、1972年9月30日まで、新村駅という駅がありました。1面1線の短いホームと、コンクリート製の待合室だけの小さな無人駅でした。

運転密度を高めるため、隣のさぎの宮駅が、西鹿島方に200m移転したことに伴い、吸収合併されるような形で1972年10月1日に廃止されました。

ホームはすぐに取り壊されましたが、待合室は廃屋となって何年も残っていました。積志駅の遠方信号機が建っているこの場所は、線路脇が広く空いていて、かつてここに駅があったことを物語っています。待合室があったのは、写真で架線柱が建っている辺りです。

この写真の場所はこちら


先述の待合室は、1967年5月6日付けで新村駅が無人化された際に作られたものです。それ以前はこの駅も有人で、木造の駅舎が線路を挟んで反対側にありました。

写真の細い道が駅の入り口です。道に沿って鉄柵が設けられていて、そこが遠鉄の所有地であることが判ります。


駅舎があった場所です。建物はもちろん跡形もありませんが、基礎のコンクリートと思われる痕跡が残されていました。


ところで、駅の跡地がかなり広いことにお気づきでしょうか?

実は、大正12年の改軌電化当初、この駅は列車交換できるよう、島型のホーム、待避線、それに信号機が設けられていました。でも、私が物心付いた時には既に待避線も信号機も無く、ただの棒線駅となっていました。

国立公文書館の所蔵資料によれば、昭和7年に鉄道省へ新村駅の信号機撤去が申請されていて、その理由が「列車の行き違いを行わないので、信号機の必要が無くなったから」でしたので、待避線の撤去も同じ頃に行われたのかもしれません。



【トップ】