線路端の遺構

旧さぎの宮駅跡


現在のさぎの宮駅

こちらは現在のさぎの宮駅です。この駅は、遠鉄の駅の中では唯一、地下道を通らないと入れない構造になっています。


旧さぎの宮駅跡

さぎの宮駅は、1972年9月30日までは、現在よりも200m新浜松寄りにありました。10分間隔のフリークエントサービス開始のため、列車交換設備が必要になり、西鹿島寄りに新しい駅を建設し、1972年10月1日付で移転しました。

線路と民家の間が少し空いているのがお判りになるでしょうか?ここが旧さぎの宮駅があった場所です。旧芝本駅や北浜中学校前駅と同じく、1面1線の小さな駅でした。

この写真の場所はこちら


旧さぎの宮駅跡

旧さぎの宮駅跡の別の角度からの写真です。柵の辺りが駅入り口と待合室でした。

軌道線時代は「共同駅」、改軌電化後は「遠州共同駅」という名前でしたが、昭和39年(1964年)に近くの神社にちなんで「さぎの宮駅」に改められました。



【トップ】