線路端の遺構

旧上島駅(貨物ヤード跡)


地平時代の上島駅です。撮影は、2012年11月24日の第二期高架線開通の早朝で、つまり、廃止直後の写真です。

旧上島駅は、駅舎とホームが一体化した、シンプルな造りでした。


地平時代の上島駅には、新車を搬入するための側線がありました。写真の本線と繋がっていない線路がそれです。

かつて新型車輌の搬入は、東海道本線と線路が繋がっていた時代は、国鉄浜松駅まで甲種回送した後、馬込駅の国鉄連絡線を通じて行っていました。連絡線が廃止になると、トラックで西ヶ崎駅の車輌工場に直接搬入するようになり、車輌工場が西鹿島駅に移った後は馬込駅側線に搬入し、更に馬込駅廃止後は、この側線を使って搬入していました。

車輌の搬入は、まず、写真左の道路までトラックで電車を運び込み、それからクレーンで側線に降ろした後、終電後に本線と線路を接続し、西鹿島工場まで回送していました。

この側線からの搬入は、2000系電車の第五編成が最後となりました。


地平時代の上島駅には、かつて、遠鉄最大の貨物ヤードが広がっていて、側線が9本もありました。最盛期には、タンク貨車がひしめいていたそうです。

この写真は2005年4月の撮影で、新浜松側から上島駅東側を写しています。写真左の植え込みから写真右の駐車場のあたりが、かつて小野田セメントと自衛隊油送所の側線があった場所です。

2016年現在、この場所には遠鉄が経営する介護施設が建っています。

この写真の場所はこちら

上の写真から新浜松側に進んだところに、さらに別の側線がありました。

ここには大協石油の給油所があって、線路が写真の道路上を写真奥に向かって延びていました。現在では、5階建ての県営住宅に変わっています。

この写真の場所はこちら

大協石油の側線跡から、さらに新浜松側に進んだところに、また別の側線がありました。写真でも、線路が左手に分岐していた跡がはっきりと判ります。

ここには、日本石油の浜松油槽所があって、石油タンクも併設されていたことを覚えています。写真左に少し写っていますが、現在は高層マンションが建っています。

線路の高架と共に、この側線跡も過去のものとなってしまいました。

この写真の場所はこちら

【トップ】