線路端の遺構

旧曳馬駅


地平時代の曳馬駅は、1面1線の遠鉄では最も小さな駅でした。それでも狭い敷地を目一杯使って、ホームや待合室が作られていました。


狭小地に建てられていた為、ホームはとても狭く、先端はご覧の通りでした。写真の個所は、4両編成運転開始時に延長された部分ですが、幅は1mもありません。

1972年に10分ヘッドになった際、この駅だけは20分ヘッドでしたから、2本に1本は列車が通過していました。この狭い場所で待つのは、少し怖かったかもしれませんね。


2012年11月24日の早朝、高架開業後の新しい曳馬駅から写した、旧曳馬駅です。もう電車が来ることはありません。長い間お疲れさまでした。


ちなみに曳馬駅は、1951年(昭和26年)10月31日までは、「遠州島之郷(えんしゅうしまのごう)」という駅名でした。駅隣の踏み切りに、標識が立っていましたが、2016年5月現在、踏切と共にきれいさっぱり撤去されてしまいました。



【トップ】