線路端の遺構

旧助信駅


旧助信駅跡

地上線時代の助信(すけのぶ)駅の南側には、かつて、第一期高架線に上るためのスロープが設けられていました。

その第一期高架線が出来る前までは、駅は写真中央の辺りにありました。現在、遠鉄グループが経営するマンションが建っている場所です。


旧助信駅

この写真は、1985年1月1日の撮影で、旧旧助信駅の木造駅舎を撮影した貴重な写真です。なんだか、懐かしさと暖か味を感じますね。

上の写真で線路を横切っている道路が、写真左端に見えます。カメラの位置が旧ホームのあたりですが、その旧ホームは線路と共に既に撤去されているようです。

撮影された頃は、第一期高架工事の最中で、従来の線路とホームは撤去され、西側の仮線に移っていましたが、駅舎はそのまま使われていました。ちなみに、駅舎前を横切る道路は、引込線跡を利用して作られています。

<<写真提供:しもやま様>>


旧助信駅

こちらは別角度からの駅舎の写真で、第一期高架工事以前の撮影です。

先述の引込み線は、踏み切りの手前から分岐して、駅舎前を通り、写真奥にあったバス整備工場敷地に敷かれていました。引込み線跡は、道路に転用されたため、駅舎とホームとの間が不自然に広く空いているのがお分かりいただけると思います。


旧助信駅

旧ホームを新浜松側から写した写真です。

古びた倉庫、トタン屋根の家並み、今では都市化が進んですっかり様変わりしてしまいましたが、30年ほど前までは、こんなにのどかな風景が広がっていたのです。

<<以上2枚の写真提供:城東電軌様>>


現駅舎

こちらは、第二期高架線が作られるまで使われていた駅舎です。3階建ての建物でしたが、駅としての施設は1階のみでした。


エスポ2

助信駅の東側一帯には、かつて、遠鉄バスの一大整備工場がありました。老朽化した工場が別の場所に移転した跡地には、現在、遠鉄が経営するスポーツクラブ「エスポU」が建っています。

また、道路を挟んで反対側には、同じく遠鉄石油の跡地に建設されたスポーツクラブ「エスポT」があります。


高架橋

助信駅南側に設けられていたスロープです。

第一期高架橋と第二期高架橋との接続は、まず、このスロープの東側(写真左手)に鉄骨で仮スロープを建設して線路を移設し、その後、このスロープの先端を取り壊し、新しい高架橋に接続しました。


高架橋

第二期高架開通の当日、早朝に撮影した写真です。

高架橋へは、25パーミルの坂道で上っていきました。1985年の第一期高架開通から、27年間使われたこのスロープも、2012年11月23日を持って、その役目を終えました。


高架橋

更に先へ進んで、スロープの先端部を写しました。

左が新しく出来上がった高架線、真ん中が先端部を取り壊された旧スロープ、そして右側が鉄骨で作られた仮線です。


高架橋

上の写真の反対側を写しました。仮線と高架橋との接続部です。



【トップ】