線路端探訪

遠鉄浜松駅跡


八幡からの線路跡

八幡駅からの線路は、現在の高架線に沿ってJR浜松駅方面に敷かれていました。高架線の右下の道路が線路跡です。

ここは、昔から東西を結ぶ幹線道路でしたので、そこを横切る大きな踏切がありました。車の通行量が増えると、踏切による交通の遮断が社会問題になっていたそうです


八幡からの線路跡

上の写真の場所から振り返るように、JR浜松駅方向を見ています。

線路跡は、ここから遊歩道として整備されていました。写真左のコンクリート製の古い建物が、線路に沿って建てられたものであることが判ります。


八幡からの線路跡

上の写真から、道路に沿って数十メートル浜松駅方向に移動したところです。

ちょうど走ってきた、青い車のあたりが踏切があった場所です。


八幡からの線路跡

遊歩道が大きくカーブしているこの場所が、かつて遠鉄浜松駅があった場所です。下の写真とほぼ同じ位置からの撮影で、写真奥の茶色のアーチ状屋根の向こう側に高架線が見えます。


遠鉄浜松駅の貴重な写真です。撮影は、高架工事完成直前の1985年11月で、ホーム屋根の向こう側に高架線が微かに見えます。

この駅は、西鹿島線の遠州浜松駅と奥山線の東田町駅を統合した駅で、両線が最も接近する場所に作られました。ご覧の通り、カーブ上にホームが設けられていたので、1000系電車では安全のため、真ん中の扉が締め切られていたと思います。また、ホームの有効長が短く、4両編成では新浜松行きの最後尾(または西鹿島行きの先頭)1両がはみ出して停車しました。

奥山線があった頃は、このホームの反対側に乗り場がありました。

この写真の場所はこちら

<<写真提供;847様>>


遠鉄浜松駅外観

こちらも遠鉄浜松駅の貴重な写真です。

遠鉄浜松駅の隣は南北に走る幹線道路なので、大きな踏切になっていました。

駅舎の屋上には、ゴルフ練習場があったようですね。


遠鉄浜松駅ホーム

同じく遠鉄浜松駅の写真で、上の写真とは逆方向からの撮影です。

ホーム右側の広く空いている場所が、前述の奥山線の線路があった場所で、ホーム屋根や架線柱にその名残が見られます。奥山線が健在だった時には、奥から手前に向かって小豆色の小さな電車が出発して行きました。

西鹿島線とは同じホームで乗り換えすることができたため、大変便利だったと聞いています。奥山線廃止後は、路線バス乗り場として使われていました。


遠鉄浜松駅ホーム

上の写真と同じ日に撮影されたホームの写真です。手前の板張りの部分は、おそらく1966年6月の3両編成運転開始の際に延長されたものと思われます。

<<以上3枚の写真提供;城東電軌様>>


クリエイト浜松

遠鉄浜松駅の駅舎と駅前バスターミナルがあった場所は、現在、浜松市中部公民館・文化コミュニティーセンターの複合施設「クリエート浜松」に変わっています。

ちなみに、線路があったのは、写真の矢印のあたりです。


標識

ここに駅があったことを示す標識です。字がかすれて、消えかかっていました。


一番上の写真とほぼ同じ場所を北側から写した写真です。写真の踏み切りで道路を横切り、遠鉄浜松駅を発車すると再び踏み切りで広小路を横切っていました。写真の奥に、踏み切りを横切る電車が写っているのがお分かりになるでしょうか。

<<写真提供;城東電軌様>>


遠鉄浜松駅隣の踏切の写真です。

写真のように巨大な遮断機があったのを覚えています。ここの踏切は、電子音ではなく、打鐘式いわゆる”ちんちん”踏切でした。

撮影は1985年11月で、写真奥には、出来上がったばかりの高架線が見えます。

<<写真提供;847様>>


遠鉄浜松駅跡

上の写真とほぼ同じ場所から撮影した写真です。踏切があった場所には、バス停が建っています。

上の写真で、警報機の向こう側に建っているビルが写っています。どうやら、外壁をリフォームしたようですね。



【トップ】