線路端の遺構

遠州浜松信号場跡


遠州浜松信号場は、遠鉄浜松駅と馬込駅との間にありました。この信号場は、元々は旅客扱いのある駅で、大日本軌道の時代に浜松駅として開業し、旭町駅(後の新浜松駅)が開業するまでは起点駅でした。

戦後、奥山線の東田町駅との統合により、旅客営業が遠鉄浜松駅に移転してからも貨物駅として機能し続け、貨物営業が廃止された後は、列車交換のための信号場として高架線完成まで使われました。写真左に貨物ホームと側線の跡が見受けられます。

写真右手の真新しい白いビルの手前の建屋が駅舎です。昔、西鹿島行き電車がここを通過する際、初老の駅員が直立不動で敬礼し、電車を見送っていたのを覚えています。

この写真の場所はこちら

<<写真提供;847様>>


上の写真とほぼ同じ位置から遠州浜松信号場を映した写真です。撮影時期はこちらの方が古いと思われます。

ところで、この信号場の交換設備がなぜ必要なのかというと、次の馬込駅では、配線の都合上、4両編成同士が交換できない事情がありました。そこで、朝夕の4両編成運転時に限り、この信号場で列車交換をしていたという訳です。


遠州浜松信号場の手前には、小川を渡る小鉄橋がありました。ここには大日本軌道時代の橋台が残っていました。

写真の西鹿島線の左にある橋台が、大日本軌道浜松駅時代の遺構です。城東電軌様によれば、軽便規格の橋台が5つ残っていたそうで、一部は西鹿島線の橋台としてそのまま使われていました。橋台がレンガ造りであることがお分かりになるでしょうか。

ここは、改軌電化後に残っていた大日本軌道の数少ない遺構の一つでしたが、それも再開発により跡形も無く消えてしましました。


前述の小鉄橋を渡る30系モハ30号です。奥に遠鉄浜松駅がかすかに見えます。

<<以上、3枚のモノクロ写真提供;城東電軌様>>


遠州浜松信号場跡

現在の遠州浜松信号場跡付近です。静岡県の浜松総合庁舎が建っています。遠州浜松信号場は、写真右手枠外にありました。

線路があった頃は、建物が密集して建っていて、電車はその中を縫うように走っていたのですが、徹底的な区画整理と再開発により、当時の町並みは姿を消し、駅の遺構も線路の痕跡もまったく残っていません。(T_T)



【トップ】