線路端の遺構

新町踏切跡


新町線路

遠州浜松信号場と馬込駅との間は、町並みを縫うように線路が敷かれていて、電車はその中をゆっくりと走っていました。

警報機の無い踏切があったらしく、電車が度々警笛を鳴らしたのですが、周りの建物に反響して、ものすごい音が響き、思わず耳を塞いだことを記憶しています。

線路は途中、新町というところで東西に伸びる国道152号線を横切っていました。


新町踏切

新町の踏切は、私が知る限り、遠鉄で唯一の有人踏切で、電車が通るたびに踏切警手が手動で遮断ワイヤーを上げ下げしていたのを覚えています。晩年はさすがに自動化されてしまいました。

自動車が増え、また、電車が頻繁に運転されるようになると、踏み切りの渋滞が社会問題となっていたそうです。

<<以上2枚の写真提供;城東電軌様>>


新町踏切

この写真も同じく新町踏切の写真で、51F編成(多分、西鹿島行き)が写っています。車体には、すでに白帯が入っていますから、おそらく第一期高架工事の完成直前と思われます。

<<写真提供;847様>>


新町踏切跡

現在の新町踏切跡・・・といっても、再開発で昔とは様子が一変していて、踏切の痕跡は、全然判りませんでした。

この写真の場所はこちら

追記;踏切跡はもっと東(写真奥)だそうです。


俯瞰写真

アクトタワーから見た、近年(2003年頃?)の俯瞰写真です。赤い線は現在の高架線路、緑色の線が地平時代の線路です。“A”が遠鉄浜松駅跡、“B”が遠州浜松信号場跡、そして“C”が新町踏切があった場所です。

再開発により町並みが一変し、遠鉄が走っていた頃とは、まったく別の町になってしまいました。

<<写真提供;Y.TERADA様>>



【戻る】