線路端の遺構

馬込駅跡


馬込駅

馬込駅は、現在の浜松アクトシティの東方にありました。西鹿島方面(あるいは新浜松)からこの駅に到着した遠鉄電車は、ここで進行方向を変え、新浜松駅(あるいは西鹿島方面)に出発して行きました。写真奥が新浜松方面、写真右手が西鹿島方面です。

この写真は、西鹿島行きが到着したところを撮影したもので、運転士と車掌が交代している場面です。電車には、間もなく完成する高架線をPRするヘッドマークが付いています。

余談ですが、この当時、新浜松駅も開業当初の場所から東に100メートルほど移転し、仮駅で営業していました。


馬込駅

上の写真の電車が出発しました。渡り線を通って遠鉄浜松駅に向かっているところです。

左手にわずかに見える空き地は、かつて国鉄浜松駅の車庫や側線があった場所です。

<<以上2枚の写真提供;847様>>


馬込駅

馬込駅を出発した電車は、右に大きくカーブして倉庫街を抜けて行きました。

この辺りは物流の中心地で、数多くの倉庫が立ち並んでいて、貨車の留置線や専用線があったのですが、それも過去の話となってしまいました。


国鉄線路跡

国鉄の線路跡が良く分かる俯瞰写真です。右側が馬込駅、左端に国鉄東海道線の高架橋が写っています。

遠鉄と国鉄とは、この馬込駅で線路が繋がっていて、貨車の受け渡しが行われていましたが、国鉄浜松駅の高架化事業に伴って連絡が不可能となり、遠鉄は貨物営業を廃止するに至りました。


国鉄線路跡

その国鉄線路跡から馬込駅を写しています。ちょうど、新浜松行きの電車(おそらく30F編成)と西鹿島行き(番号不明)が写っています。

また、駅舎よりも向こう側に建っているビルは、丸井百貨店の従業員寮です。丸井百貨店の撤退に伴い、このビルも取り壊されてしまいました。

<<以上、3枚の写真提供;城東電軌様>>


馬込駅跡

現在の馬込駅跡で、ホームがあったと思われる場所です。やはり再開発によって様子が一変しており、ここに駅があったことを示す痕跡は、まったく残っていませんでした。

写真の道路は、線路跡を利用して作られています。

この写真の場所はこちら
航空写真

こちらは、1975年(昭和50年)当時の馬込駅の航空写真です。今は無いスイッチバック式の線路が、はっきりと見えます。

馬込駅下方の広大な敷地は、国鉄浜松駅です。遠鉄と線路が繋がっているのがよく判ります。

馬込駅の側線に貨車(機関車かも)が微かに見えます。また、浜松駅構内にも、多数の貨車や電車が留置されています。

ちなみに、新幹線線路の下側の貨車が留置されている場所は、現在、浜松科学館が建っています。

<<航空写真の出典:国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省より>>



【トップ】