線路端の遺構

旧・新浜松駅跡


旧・新浜松駅跡

かつての起点駅、旧・新浜松駅があった場所です。現在は、道路、歩道、そしてクラウンパレスホテルが建っています。(夕暮れ時に撮影したため、少し暗いです)

国鉄浜松駅が高架された際、写真左側の道路が南へ延長されることになり、この場所から約100m東側の仮駅に移転しました。

この写真の場所はこちら
旧・新浜松駅跡

馬込駅方面を写しています。線路は、写真左の歩道に沿って敷設されていました。先述した仮駅は、ビルの右手にあったと思われます。


新浜松仮駅

こちらが、新浜松仮駅を写した貴重な写真です。仮駅は、現在の高架線上の新浜松駅完成まで、約4年10ヶ月に渡って使われました。「仮駅」とは言え、長期間使用するため、本駅といって差し支えないくらい、きちんとした造りになっていました。

1面1線のホームと、留置線が設けられていて、1000系電車が初めて導入された際、右側の留置線でお披露目が行われました。

<<写真提供;城東電軌様>>


1000系お披露目

その1000系1001号のお披露目の写真です。

1001号の導入と入れ替えに廃車となる、モハ21号が並びました。近代的デザインの最新型車両と、30系以前の旧型車とを並べてみると、流石に隔世の感がありますね。

<<写真提供;toyama14771様>>


旧・新浜松駅舎

こちらは、旧・新浜松駅舎を写した貴重な写真です。撮影日時は、1980年7月1日で、国鉄浜松駅の高架完成の翌年です。この頃は、浜松駅前の区画整理と再開発の真最中で、写真手前が掘り返されて更地になっています。

この建物は、1929年(昭和4年)に建てられ、遠州電気鉄道時代から本社社屋を兼ねていました。開業当初は「旭町」という名前で、1953年(昭和28年)に「新浜松」に改められました。開業した頃には、2階に洋式レストラン、3階に宴会場やビリヤード場があって、娯楽施設としても賑わっていたそうです。

この写真撮影の半年後の1981年2月、先述した道路の拡張工事のため、旧駅舎は取り壊され、約100m東の仮駅に移転しました。


30系電車

旧・新浜松駅に今まさに到着した30系電車です。馬込駅で方向転換しているため、本来、西鹿島側となるクハ車が先頭になっています。

右側の線路は、急行が運行されていた時代には到着線として使われていましたが、急行廃止後は使われることはなくなり、線路も錆付いていました。


30系電車

上の電車を反対側から写した写真です。旧・新浜松駅は、敷地が狭く、必要最小限度のホームしかありませんでした。特に、電車左側のホームは大変短く、18m級の30系電車でも1.5両分の長さしかありません。このため、増結列車は新浜松まで入線することができず、馬込や遠鉄浜松止まりになっていたそうです。4両編成の運転開始後は、電車右側のホームを延長して対応していました。

なお、写真のモハ33号は、1966年(昭和41年)6月の製造で、1994年(平成6年)末まで走り続けた後、解体されました。

<<以上3枚のモノクロ写真提供;デトニ様>>


旧・新浜松駅3番線

旧・新浜松駅を馬込側から写した写真で、停車中の電車は、25F編成のモハ25号です。

旧・新浜松駅には、40年位前?まで電車を留置するための側線があって、架線柱の向こう側から分岐して、写真右手方向に敷かれていました。写真でも、わずかにその痕跡が見られます。

<<写真提供;城東電軌様>>



【トップ】