線路端の遺構

日本楽器専用線跡


日本楽器専用線

八幡駅の西側と東側には、ヤマハ株式会社(旧、日本楽器製造株式会社)の本社工場の広大な敷地が広がっています。このうち、西側の工場には、昔、八幡駅と助信駅の間から分岐した専用線が敷かれていました。

八幡駅周辺の専用線の痕跡は、高架工事と道路建設により跡形もありませんが、1960年代の写真や線路の配線図から、赤い線のような経路で線路が敷かれていたと考えられます。


線路の遺構

一方で、”楽器中通り”と呼ばれる道路を挟んだ西側の工場内には、線路跡と思われる遺構が残っていました。

写真で奥に延びている2本の線が線路跡と思われます。その先には、貨物のプラットフォームも残されていました。


航空写真

1975年(昭和50年)撮影の航空写真です。専用線は既に撤去されていますが、赤い線のように敷かれていたと考えられます。

工場内には小川が流れていて、10年前に取材した時には、専用線の小鉄橋と思われる遺構が残っていたのですが、その後、工場内で大規模な区画整理が行われ、その際に小鉄橋も取り壊されてしまいました。現在ではわずかに基台の跡が残るのみです。

<<航空写真の出典:国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省より>>


地平時代の八幡駅

この写真は、地平時代の八幡駅の貴重な写真で、写真奥が西鹿島方です。駅の左手に高架橋が出来上がりつつあるようですから、1983年ごろでしょうか。

一見すると、商店のようにも見える建物です。

<<写真提供;城東電軌様>>


地平時代の八幡駅

この写真は、高架工事の開始以前の1977年2月に八幡駅のホームを映した貴重な写真です。

ちょうど、上下の列車が行き違いをしているところです。写真右隅にヤマハ工場の壁が写っています。

写真左隅の自動車が駐車されている場所には、貨物用の側線があったそうです。

<<写真提供;toyama14771様>>



【トップ】