線路端の遺構

浜北駅側線


浜北駅は、かつて「遠州貴布祢駅」という名前で、当時の浜北市の中心地区に位置して乗降客も多く、遠鉄の中核駅の一つでした。

2017年から2018年にかけて、駅施設のバリアフリー化と乗降ホームの改築工事が行われ、中核駅にふさわしい近代的な駅として生まれ変わりました。


浜北駅側線とホーム

かつてこの駅には、貨物側線や日清紡績浜松工場への引き込み線のほか、この駅を始発とする区間列車用の側線と乗降ホームも設けられていました。写真は、改修前の旧旅客ホームの新浜松方からの撮影で、右端の錆びた線路が、かつての区間列車用の側線です。

貨物側線や引き込み線は、とっくの昔に撤去されて跡形もありませんが、区間列車用の側線と乗降ホームは、バリアフリー工事の直前まで残されていました。


浜北駅側線とホーム

これが、今は無き区間列車用の乗降ホームです。2両編成対応の短いホームで、古びたコンクリートが歴史を感じさせます。

幼い時、一度だけこのホームから電車に乗ったことを覚えています。


1972年10月の10分間隔運転開始により、区間列車は廃止されましたが、その後も側線とホームは残されていて、保線車両の疎開や廃車の留置に使われていました。この写真は、2012年9月の撮影で、既に運用から外され、廃車・解体を待つばかりとなった30系26F編成が留置されている場面です。


区間列車用の側線と乗降ホームは、2017年の駅施設の全面改良工事の際、本線用ホームの拡張(というか、再建設)に伴って解体・撤去されてしまいました。

この写真は、2017年9月9日の撮影で、それまで真ん中にあった本線用ホームが綺麗に撤去され、上り線の線路も敷き直されていました。写真左端の仮設ホームの辺りが、区間列車用の乗降ホームがあった場所です。



【トップ】