線路端の遺構

彷徨える駅、芝本

2019/3/16 加筆修正(アンダーライン部)
2018/10/6 加筆修正


この写真は、現在の芝本駅です。この駅は、何度も移設を繰り返していて、現在の駅は4代目にあたります。


初代芝本駅跡

大正12年(1923年)の改軌・電化の際、最初に作られた芝本駅は、現在よりも南に位置していたようです。大正14年の地図から場所を推定すると、現在、新浜松方の安全側線から、高架に上る坂道の辺りにあったと考えられます。写真の線路と民家に挟まれた辺りと推定されます。

そう言えば、高架線が出来る以前、この場所には、警報機の無い小さな踏切がありました。現在の芝本駅の建設以前であれば、何か駅跡の痕跡くらいは見つけられたかもしれませんが、今では安全側線や高架線に変わってしまい、何も残っていませんでした。


新旧地図比較

しかし、芝本駅は、改軌・電化開業から13年後の昭和11年(1936年)、最初の場所からおよそ800mも西鹿島方に移転しました。

これがその証拠です。左の地図は、新旧の地図を同じ視点で比較するというコンセプトのサイトからお借りしてきました。モノクロが昭和15年(1940年)の地図、カラーが現代の地図です。(「今昔マップ on the web」より)

移転したことは知っていましたが、まさかこんなに離れていたとは知らず、大変驚きました。


二代目芝本駅跡

上の地図の場所です。用水路は、馬込川に繋がる浜名用水です。遠鉄は、この用水路を短い鉄橋で渡っています。鉄橋を渡った線路の右手が、二代目芝本駅があった場所と推定されます。

それにしても、なぜ800mも北に移転したのか、残念ながら、その理由は判りません。ただ、昭和15年の地図を見ると、当時はこちらの方が集落の中心地に近く、また、東西の道路にも沿っていることから、乗降客の利便を考えての移転と考えられます。しかし、この二代目芝本駅は、移転して10年ほどで再び移転することになります。

移転の理由は、写真の浜名用水の建設です。浜松市史によれば、浜名用水は、昭和3年に測量が開始され、昭和14年に着工、国策として戦時中も工事が続行され、戦後の昭和21年にようやく仮通水が行われたそうです。

文献によれば、二代目芝本駅は、昭和12年(1937年)〜昭和20年(1945年)の間、廃止とされていますが、昭和15年の地図に駅が載っていることから、少なくとも昭和12年の廃止は無かったと言えます。確証は有りませんが、浜名用水に掛かる鉄橋の工事が行われている間、工事区間を迂回して仮線・仮駅に移っていたと考えるのが自然です。


三代目芝本駅跡

さて、芝本駅が再度、移転・開業したのは、戦後の昭和21年(1946年)11月1日とのことで、これが便宜上三代目芝本駅です。場所は、現在の芝本駅から100mほど北の場所で、私の記憶にあるのはこの三代目の駅です。棒線ホームと簡素な待合室だけの小さな駅であったことを覚えています。写真の柵の辺りが入口の階段でした。

更に時が下って、全線のスピードアップのため芝本駅にも列車交換設備を作ることになり、平成2年(1990年)、この場所から100mほど新浜松方に移転したのが、現在の芝本駅です。


芝本駅まとめ

今までお話ししたことをまとめると、こんな感じです。

まさに「彷徨える」と言って良いくらい、駅が南北に行ったり来たりしている様子が判ります。



【トップ】