線路端の遺構

歴代芝本駅


こちらは、現在の芝本駅です。この駅は、何度も移設を繰り返していて、現在の駅は4代目にあたります。


初代芝本駅跡

大正12年(1923年)の改軌・電化の際、最初に作られた芝本駅は、現在よりも南に位置していたようです。大正14年の地図から場所を推定すると、現在、新浜松方の安全側線から、高架に上る坂道の辺りにあったと考えられます。写真の線路と民家に挟まれた辺りと推定されます。

そう言えば、高架線が出来る以前、この場所には、警報機の無い小さな踏切がありました。現在の芝本駅の建設以前であれば、何か痕跡くらいは見つけられたかもしれませんが、今では安全側線や高架線に変わってしまい、何も残っていませんでした。


二代目芝本駅跡

資料によれば、芝本駅は、開業から13年後の昭和11年(1936年)、最初の場所から200mほど西鹿島方に移転したことが判っています。道路に面したこの場所が、二代目芝本駅のホームがあった場所です。

なぜ、200m北に移転したのか、その理由は判りませんが、こちらの方が道路に近いことから、乗降客の利便を図ったのかもしれません。しかし、移転して1年も経たずに廃止(休止という説もあります)されてしまいました。

芝本駅の営業が再開されたのは、戦後の昭和21年(1946年)11月1日とのことで、便宜上、これが三代目の芝本駅です。場所は、二代目と同じ場所で、私の記憶にあるのはこの三代目の駅です。棒線ホームと簡素な待合室だけの小さな駅であったことを覚えています。写真の柵の辺りが入口の階段でした。

更に時が下って、全線のスピードアップのため芝本駅にも列車交換設備を作ることになり、平成2年(1990年)、この場所から100mほど新浜松方に移転したのが、現在の芝本駅というわけです。


芝本駅まとめ

今までお話ししたことをまとめると、こんな感じです。印刷した地図に手書きで書き込みましたので、稚拙な字はご容赦ください。

同じ敷地内と言っていいくらい、近い距離を駅が行ったり来たりしていることが判ります。

ちなみに、左下は大日本軌道時代の芝本駅の場所です。こちらが本当の意味での初代芝本駅ですね。



【トップ】