コラム


ザ・ラスト吊り掛け“25号”


25F西鹿島駅

25F編成クハ85号の2013年3月のトレインフェスタでの一コマです。この時は、1985年の高架線開通のヘッドマークを掲げて来場者を出迎えてくれました。

25F編成は、遠鉄初の冷房車として、1978年11月にやってきました。遠鉄は元より、静岡県内の私鉄では初めての冷房車両とのことで、大変な話題となり、乗客の中には、夏場にこの電車が来るまで待っていた人もいたとか。

また、25F編成は、完全新造のつり掛け車両としては、最後から3番め、ノーズ・サスペンション式つり掛けに限定すれば、日本で最後に作られた電車だそうです。現存する吊り掛け車としては、正真正銘の「ラスト吊り掛け」ではないものの、「ラストに近い」車両であることは間違いありません。


25F貸切列車

2015年9月5日、遠州地方の模型メーカー3社の共同企画で25F編成の貸切列車が運行されることになり、ネットワークを生かして、全国各地から多くの鉄道ファンが集結しました。もちろんこの私も、城東電軌さんからお誘いをいただき、張り切って参加しました!

さて、西鹿島駅2番線で準備中の25F編成モハ25号です。この時は、復刻版の「急」マークと「冷房」マークのダブルヘッドマークがイベントを盛り上げていました(誤乗防止の為、走行中、「急」マークは外されました)。

臨時列車でしたが、方向幕は「回送」で運行されました。あれ?「団体」か「臨時」って、無かったっけ?


クハ85運転台

発車前にクハ85号の運転台を撮影しました。片運転台型のモハ30号と比べると、運転台が全室型になったせいか、機器類がゆったりと配置されているように見えます。それまでの30系では左側に配置されていた速度計が正面に移され、代わりに架線電圧計が新設されたのが特徴です。

一方、この日、反対側のモハ25号の運転台がどうなっていたかと言いますと…………


モハ25運転台

ご覧の通り! 撮影用や録音用の機材がずらりと並んで壮観でした。こういう機会でもないと、前面展望の動画など中々撮れませんからね。 撮り鉄の皆さんがこの機を逃すまいと、自慢の機器を持ち込んでおられました。主催者もなるべく雑音が入らないように配慮し、途中に規制線を張る念の入れようでした。


非常ブレーキ

運転台には、車掌用の非常ブレーキ弁が設けられていて、緊急時に紐を引くと、ブレーキが掛かる仕組みです。

駅から出発する際、車掌さんが窓から身を乗り出しつつ、この非常ブレーキに常に手を掛けていたのを思い出しました。


留置ブレーキ

もう1つブレーキネタ。運転台の右側に設けられた留置ブレーキです。自動車でいうところのサイドブレーキです。最近の電車はスイッチ操作に変わり、こういった手動式のブレーキも珍しくなりましたね。


ロングシート

30系電車の特徴のひとつ。文字通り、長ーーーーいロングシートです。


連結部

30系電車のもう一つの特徴、解放感溢れる(笑)幅広の連結部です。転落防止の手すりは、昔から鎖でした。


非常ボタン

緊急通報用のSOSボタンです。


非常用ドアコック

緊急時にドアを手動で開ける為のコックです。


モハ25銘板

モハ25号の銘板です。


クハ85銘板

クハ85号の銘板です。


25F

イベント列車の運行が終了し、お疲れ様の25Fです。この直後、51Fのサポートで全般検査の為に工場入りしました。2019年まではひとまず安泰と思っていたのですが、残念ながら2018年4月までに廃車が決定しているそうです。

本車の廃車をもって、30系電車が形式消滅します。長い間お疲れ様でした。そしてありがとう!




【トップ】