コラム

異端児51号


51F

51F編成は、モハ51号とクハ61号とから成り、30系電車の最終編成として、1980年12月に遠鉄にやってきました。連続窓の前面に幅細の貫通路と、それまでの30系電車の湘南顔とは似ても似つかない外観ですが、れっきとした30系電車の一員で、30形後期型などと称されています(このサイトでは、30系51Fと書かせていただいています)。

外観だけでなく駆動装置も、旧態依然の吊り掛け駆動に代わってカルダン駆動となり、モーター出力も120kwにアップ。ブレーキシステム以外は、次の1000系電車と同じ仕様であり、1000系への過渡的な車両、と評する人もいます。


2017年8月、公式に30系電車の全廃が発表され、最後に残った51号と25号の去就が注目されましたが、先に51号の方が廃車されることが決まり、2017年12月16日に勇退記念列車が運行されました。

この写真は、勇退記念列車の運行当日、西鹿島駅で準備中のクハ61号です。以前の30系のさよなら運転同様、記念のヘッドマークが飾られましたが、方向幕には、「勇退列車」と書かれたシートが貼り付けられていました。


モハ51号のヘッドマークです。スマホのデジタルズームなので、画像が少し荒いのはご容赦ください。

車齢37歳、他の中小私鉄では、大手私鉄の40歳、50歳の中古車が当たり前のように走っています。それを考えると、余りにも若い廃車です。


こちらはクハ61号のヘッドマークです。地平線のかなたに走り去る51F編成を、流れ星と共にデザインしています。

まだまだ使えるはずだし、他の私鉄で貰い受けてくれるところがあると良かったんですけどね……遠鉄仕様は、他の私鉄では扱いにくいのかもしれません。


モハ51号の運転台です。それまでの30系電車の運転台を概ね踏襲していますが、マスコンハンドルが黒いノブを押し込まないと回せない構造に変わっています。また、計器は全てパネルに埋め込み式となりました。


側面の方向幕は、遠鉄最後の手回し式。貸し切り運転会の際、職員の方が回して下さいました。今は無き、馬込ゆきです。


51F編成の最大の特長、幅狭貫通路です。それまでの30系電車は、車体幅一杯の解放感溢れる貫通路でしたが、51F編成では一転して、他の私鉄同様の狭い貫通路が採用されました。でも、次の1000系電車から、また幅広貫通路に戻りましたから、何かと都合が悪かったのかもしれません。このあたりが、顔と共に51F編成の異端児たる所以です。


そんな異端児51F編成には、1981年に鉄道友の会静岡支部から、「おれんじ賞」が贈られました。日頃目立たない、中小私鉄の車両にも何か賞を!と考えられた賞でしたが、鉄道友の会本部から、「ブルーリボン賞/ローレル賞以外に勝手に賞を作るな!」とクレームが付き、静岡支部と本部とが一触即発の事態となったことがあったそうです。


西ヶ崎駅側線で解体作業中のクハ61号と、解体を待つモハ51号です。車体周囲を幕で覆い、さらに、粉塵が外に飛ばないように窓を完全に塞いで作業が行われていました。この後、車体は重機で解体されましたが、台車や機器類は後輩1000系電車の交換部品として残されたそうです。


【トップ】