コラム

“あかでん”は“ぎんでん”になるのか?


2006号の次は、どんな電車がやって来るのでしょうか?

遠鉄の愛称は「赤電」、でも、次の電車は、ひょっとしたら赤色ではなくなるかもしれません。「あれぇ、赤くないよ。遠鉄って赤だよね〜」という日が来るのかもしれません。

現在の主力である1000系電車も、登場から既に30年以上が経過しました。直線を基調とし、前面に大きな窓を配したデザインは、今でも通じる優れたデザインではありますが、さすがに古くなってきました。また、1999年から配備が始まった新型の2000系電車も、制御装置こそVVVF装置ですが、デザインは1000系電車と同じです。

そろそろ次の形式が出そうな気がします。以前、私は、助信〜自動車学校前間の第二期高架工事の完成に合わせて、新型形式が投入されると予想していましたが、ものの見事に外れました。皆さんはどのようにお考えでしょうか?


さて、2006号の次は、どんな電車になるのでしょうか? 勝手に予想してみましょう(^_^;)

    1. 外観・下回りとも、まったく新設計の電車
    2. 外観は現在のデザインを踏襲しつつ、下回りは最新のVVVF装置の電車
    3. 外観は新しいデザイン、下回りは現在の2000系電車と同じ
    4. 2000系電車の増備が続く
あかでん2002号

筆者の勝手な予想は、3>1>2>4 の順です。多分、新しい形式の電車が投入されるのではないかと思います。形式名は、3000系が順当ですが、隣の静岡鉄道でA3000形が登場しましたから、重なりを避けて5000系とかになるかもしれません。

それよりも、新しいデザインの電車が投入されるとなると、心配なのは車体色です。冒頭にも述べたように、赤色ではなくなるかもしれません。 元々、遠鉄の赤色は、名鉄7000系に刺激を受け、とにかくインパクトのある車両を、という観点から始まっています(遠鉄OBの方のお話しでは、踏切事故防止という目的は、副次的なものに過ぎないそうです)。しかし、赤電の登場から既に50年以上、白いストライプが入ってから30年が経過し、赤色のインパクトは薄れています。現在は、必然性よりもトレードカラーとして赤色を使っているようです。

他の鉄道を見ると、赤電の先駆者である名鉄では、新製の通勤電車はステンレスに変わっています。他の私鉄やJRを見ても、銀色のステンレスカーが主流となっています。

塗装いらずのステンレスカーは、経費の節減にもつながります。健全経営の遠鉄といえども、経費節減は至上命題のはずで、ステンレス車両を採用する可能性は大といえます。もし、そうなると、銀色のステンレスボディーにトレードカラーの赤色のストライプ、という豊橋鉄道1800系のような色合いの車両になるのでしょうか。

下回りはどうでしょう、JRや大手私鉄もびっくりの最新システム満載・・・といいたいところですが、おそらく、2000系に準じたものになるでしょう。というのは、システムに関して、遠鉄は意外なほど保守的なのです。最初の冷房車両である、25F編成が投入された1978年当時、カルダン駆動や電気指令ブレーキは決して珍しいものではありませんでした。それにも拘らず、遠鉄は、わざわざつり掛け駆動や従来型のブレーキシステムの車両を新造したのです。

好意的に見れば、冒険を避け、成熟・安定した技術を使っている、と言えますが、遠鉄の現役運転手の某氏によれば、「わざわざ2世代前の技術で新車を作っている」そうです。きっと、中小私鉄では、最新技術の導入は難しいんでしょうね。

青電

いずれにせよ、30系電車が全廃される頃には、次の形式が投入されるでしょう。銀電になるのか、赤電のままでいるのか、楽しみに待つとしましょう………と思っていた2016年4月、銀電より先になんと青電が登場しました。上の写真と同じ2002号が、フルラッピングで大変身しました。なるほど、ラッピングなら様々な色が使えますね! 緑電とか、黄電とか、桃電とか……もしかして、五色揃ってゴデンジャー??



【トップ】