コラム

急行列車


現在遠鉄は、すべての列車が各駅停車です。しかし、1972年10月の10分間隔の開始より前には、遠鉄にも急行列車が運行されていました。幼き日の私は、母に連れられて浜松市街に出かける際、マルに「急」のマークが付いた電車が来ると、それは嬉しかったものです。

この急行列車は、1953年1月から運転されていて、西鹿島−新浜松間を38分で結んでいました。各駅停車の所用時間が43分でしたから、5分も早かったことになります。ちなみに、高架による路線短縮、駅配置の改善、さらに電車の性能アップが進んだ現在の所用時間は、各駅停車で32分です。随分とスピードアップしたものですね

さて、急行列車の停車駅のパターンは、決まった1パターンのみと思っていたのですが、以前、遠鉄の鉄道営業所さんからお借りした写真に写っていた時刻表から、実際には8パターンにも及ぶことが分かりました。そこでこのコーナーでは、今は無き急行列車の停車パターンをご紹介します。

時刻表風に作ってみました。“レ”は通過を意味します。

駅名 パターン1 パターン2 パターン3 パターン4 パターン5 パターン6 パターン7 パターン8
小松 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車
西ヶ崎 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車
積志 停車 停車 停車 停車
新村 停車 停車 停車 停車
さぎの宮 停車 停車 停車 停車 停車
自動車学校前 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車
上島 停車 停車 停車 停車 停車 停車
曳馬 停車 停車
助信(以降) 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車 停車

私が幼き日に乗ったことを覚えているのは、「パターン5」です。途中の駅をかなりのスピードで通過したことを覚えています。でも、これだけ種類があると、間違えて乗ってしまう人もいたことでしょうね。

参考にした写真は、小松駅の時刻表でしたから、急行列車が小松駅以北にどのように停車していたかは判りません。ひょっとしたら、芝本駅と北浜駅は通過する列車があったかもしれません。


急行マーク

ちなみに、急行マークはこんな風でした。2015年9月の25号の貸し切りイベントで復刻されたものです。

左は、同じく復刻された「冷房」マークです。



【トップ】