コラム

かなり昔のモノ


近代化が進む遠鉄ですが、良く探してみると、まだまだ昔の物が残っています。

鉄橋は、その典型的な例ですが、その外にも比較的判り易い例として、線路際に柵として使われている古レールがあります。

古レールと言えば、いかにも古そうなレールが岩水寺駅構内にあります。車窓から見たところ、ここのレールは、明らかに細く小さいので、廃止された奥山線、笠井線、中ノ町線の何れかか、あるいは大日本軌道時代のレールかもしれません!ということで早速行ってみました。


岩水寺駅の古レール

これが問題の古レールです。何時頃からここに立てられていたのか判りませんが、とにかく古そうです

レールを切断して地面に打ち込み、板材を溶接して柵にしています。ペンキが剥げ落ちて、所々錆びていました。


岩水寺駅の古レール

大きさを知ってもらうため、10円玉を乗せてみました。3枚分+αですから、およそ70mmとなります。レールとしては明らかに小さいです。

レールの右肩が磨耗しているのが判ります。


岩水寺駅の古レール

レールと言えば、刻印です。側面を見ると、はっきりと文字が刻印されていて、「BURBACH 11A」と読めます。ということは、11kgのレールでしょうか。今の遠鉄が40kgか50kgを使っていることを考えると、随分細くて軽いレールです。

他にも何か書いてないか探したのですが、「BURBACH 11A」以外には何も書かれていませんでした。製造年とか国名とか書かれていると良かったんですが・・・

BURBACHについて、インターネットで検索してみたところ、ドイツ、ザールブリュッゲンのメーカー「ブルバッハ社」と思われます。同社のレールは、他にも北海道や岡山県にも残っているそうです。

また、一説によれば、ブルバッハ社は、ルクセンブルグのレールメーカー「Acieries Reunies de Burbach - Eich - Dudelange S.A.」(頭文字を取ってARBED(アルベルト))の関連会社とのことです。



【トップ】