コラム

大正時代のモノ


遠鉄が大正12年(1923年)に改軌・電化されたことは、遠鉄の歴史のコーナーでご紹介した通りです。それから既に百年近い年月が経ち、のどかな田園地帯だった沿線は都市化が進み、住宅やビルが所狭しと立ち並んでいます。

路線の方も、いまや地方私鉄としては最上級の設備を誇り、近代的な都市交通として更なる進化を続けています。こうなると、大正時代を偲ぶものは、本当に何も残っていないのでしょうか?


岩水寺1号橋梁

そんなある日、遠鉄のDVDを見ていた私は、たまたまあるモノに目が留まりました。・・・・・・鉄橋!

次の休日、西鹿島−岩水寺間を調べてみると・・・ありました! 岩水寺1号橋梁、2号橋梁の二つの鉄橋です。排水路に掛かる長さ2m足らずの橋ですが、立派な鉄橋です。


銘板

早速銘板を見ると・・・何度も塗装を重ねたせいか、字が潰れてしまっていますが、「汽車製造株式会社」「大正十一年」と読めます!・・・残っていましたよ、大正時代のモノが(^.^)

枕木やレールは、近代に交換されたものですが、橋は改軌・電化当時からずっと同じものが使われていたようです。手入れさえ怠らなければ、随分長持ちするんですね。ちょっと感動です。排水路のコンクリートも、おそらくこの橋が架けられた当時のままと思われます。



【トップ】