コラム

幻の舞阪線の更にその先


2013年某日、国立公文書館を訪れた私は、遠州電鉄の資料を閲覧していました。

中ノ町線から分岐して、浜名湖にほど近い舞阪町までの延長線の計画があったことは既に述べた通りです。しかし、この壮大な計画には、まだ続きがあったのです!

舞阪延長線の敷設免許申請書の提出から、わずか2ヶ月後の大正10年11月、遠州電鉄は鉄道省に次なる延長路線の免許申請書を提出しました。


豊橋線免許申請書

計画書の題名は「舞阪・豊橋間延長線敷設免許申請書」!! ついに線路は県境を超え、愛知県デビューしてしまいました(驚)。まさに「線路は続くよどこまでも」、の歌詞をそのまま具現化するような壮大な計画です。では、この豊橋線(仮)とは、どのような計画だったのでしょうか。早速、申請書を紐解いてみることにしましょう


豊橋線路線図

浜松市街の天神町で中ノ町線と分岐して東海道線と立体交差し、浜名湖の畔の舞阪町まで敷かれた線路は、そこから東海道線の浜名湖鉄橋に寄り添う形で今切れ口を渡る計画でした。

現在では、国道1号線の道路橋が、この計画図とおおよそ同じ位置に掛けられています。

当時の弁天島は、まだ周辺が埋め立てられておらず、小さな島があるだけでした。


豊橋線路線図

浜名湖を渡った線路は、東海道線と別れ、現在の国道1号線に沿う形で西に延びていました。

このことから、豊橋線(仮)は、東海道沿いの町や村を結び、地域住民の足としての位置付けだったことがわかります。


豊橋線路線図

愛知県に入りました。線路は東海道に沿って北上していきます。

豊橋線(仮)の停車場は、舞阪−新居町−松山−元町−白須賀−原−二川−岩屋観音前−二軒茶屋−新切−東田−豊橋、が計画されていました。


豊橋線路線図

東海道に沿って北上した線路は、現在のJR二川駅の東で、再び国鉄東海道線と交差します。

豊橋線(仮)の二川停車場は、二川の街の北側に建設される計画でした。終点の豊橋駅はもうすぐです。


豊橋線路線図

終点の豊橋駅周辺を拡大しました。終着駅は、東海道線の豊橋駅に近い場所かと思いきや、意外にも豊橋市の外れに設置される計画でした。

この場所は、現在の地図で見ると豊橋市南旭町にあたります。国鉄東海道線の豊橋駅は、この地図の左枠外にありますから、これでは乗り継ぎに不自由したことでしょうね。

余談ですが、当時の豊橋市は、街に隣接して練兵場や工兵隊の駐屯地が設けられていて、軍事色が強い街でした。


豊橋線却下

それで、浜松市天神町から始り、豊橋市まで続いたこの壮大な計画がどうなったかと言うと、鉄道省からの返事はたったの3行。「既存の鉄道と概ね並行しているから、敷設の必要無し」だそうです。まあ、確かに言われる通りですね。

もし開通したとして、好意的に見れば、沿線の白須賀町、新居町、などの発展に寄与した可能性は十分に考えられますが、一方で自動車や東海道線との競合で採算が悪化し、早期に廃線の危機に直面するであろう事も十分に予想されます。 更に、戦争や、新幹線の建設、東海道線の高架、といった、歴史上の大イベントをはたして乗り切る事ができたかどうか?おそらく、開通したとしても、苦難の連続だった事でしょう。

ただ、鉄道ファンとしては、豊橋まで開通した線路が、やがて西から延びてくる名鉄と繋がって、複線化して、浜松まで7000系が乗り入れて……な〜んて妄想をしてしまうのでありました。



【トップ】