コラム


勇者“30系(形)”


かつて、遠鉄の主力として活躍した、30系(形)電車。赤いボディに2ドア、ロングシート、大きな貫通路、そして2枚窓の湘南顔、ほんの20年ほど前までは、これが遠鉄の多数派でした。

しかし、時は流れ、新しい1000系電車と2000系電車の増備が続き、一方で老朽化した30系電車は、一両、また一両と姿を消してゆきました。 2015年1月に27F編成が廃車され、このページを書いている2015年9月現在、遂に湘南顔の30系電車は、25Fただ一編成を残すのみとなってしまいました。真新しい2006F編成の試運転が行われていた正にその時、西ヶ崎駅側線では、27Fの解体作業が行われていたのでした。

遠鉄の隆盛を支えた30系電車たちに敬意を表し、今まで集めたライブラリから、往年の雄姿を残しておきたいと思います。

その1 ありがとう!30F

30F-1

30F編成は、2008年5月31日に新浜松駅2番線でお別れの車両公開が行われました。確か、遠鉄では初めての廃車イベントだったと思います。

今ほどではなかったですが、大勢のファンが詰めかけて別れを惜しんでいました。

主役の30F編成には、特製のヘッドマークが掲げられ、引退に花を添えていました。


30F-2

30F編成は、1967年6月に遠鉄に入線した、クハ・モハ共に完全新造の電車で、遠鉄では初の両開き扉が特徴です。 40年間の長きに渡って遠鉄の旅客輸送の一翼を担い続け、遂にこの日、引退となりました。

まだまだ走れそうに見えましたが、一方で車体の各所に凹みやサビがあり、老朽化が進んでいるようでした。


整理券

当日、こんな整理券が配られましたよ。


方向幕

側面の方向幕は、懐かしの手回し式。当日はサービスで「浜北」が表示されていました。 かつては、「馬込」「西ヶ崎」「遠鉄浜松」といった区間列車用の方向幕があったのですが、合理化が進んだ今、それも昔話となってしまいました。


運転台

モハ30号の運転台です。同じ30系電車でも、後から作られた25Fと比べると、少しずつ違う点があって、興味深いです。


運転室

運転室は、クハ・モハ共、半室型です。当日は扉が閉められていましたが、私が記憶している限り、営業運転中に閉められていた事は無かったと思います。

この眺めが当たり前だった頃が、とても懐かしく思えます。


図面

車内には、竣工図、台車、パンタグラフと共に、運転台の図面も展示されていました。


台車

台車です。確かトーションバーを使っていて、かなり珍しい台車だと聞いています。


抵抗器

抵抗器です。30系電車は、減速の際に発電ブレーキを併用する為、モーターで発生した電気を消費する為の抵抗器が備えられています。


コンプレッサー

C1000型コンプレッサーです。独特のバタバタ音が好きでした。それに比べると、今の電車って、本当に静かですね〜


その2 よく頑張った!26F

26F留置

今は無き浜北駅の側線に留置されている26Fです。なんだか、ぽつんと一人取り残されているようで、見る度に可哀想な気分になってしまいます。

2012年9月9日に、「ありがとう26号“勇退記念”特別列車」と称してさよなら運転が行われた後、1か月半ほどこの場所に留置されていました。その後、一旦、西鹿島駅に自力回送され、西ヶ崎駅の側線が空くのを待って、2012年10月26日の深夜にED28により回送され、程なく解体されました。


26F留置その2

駅員さんに許可をいただいて、ホームから撮影しました。状態は良好なように見えますが、一方で老朽化は着実に進んでいて、聴く処によると、末期は余り調子が良くなかったそうです。

26F編成は、1974年8月に遠鉄に入線した、モハ26号と、1962年1月に入線したクハ86号からなる編成です。

モハ26号は、10分ヘッドでの運転開始に備え、モハ27号と共に増備された車両で、運転室がそれまでの半室型から全室型に変更されたのが特徴です。

一方のクハ86号は、旧型車両の車体更新車でしたが、相方のモハ36号が出力不足で遅延の原因となったことから、編成替えが行われたという経緯があります。この為、モハ26号が両開き扉・全室運転台であるのに対し、クハ86号が片開き扉・半室運転台という、外観上、ちぐはぐな編成となっています。もっとも、そこがまた味のあるところなんですけどね。


方向板

クハ86号の行先票です。行先票が回転式だったり、差し込み式だったり、変化に富んでいたのも30系電車の特徴でした。


モハ26台車

モハ26号の台車です。モハ30号と同じく、トーションバー式の台車とのことです。


クハ86台車

クハ86号の台車です。確か、途中で空気ばね台車に更新されたと聞いています。


その3 グッジョブ!27F

27F

27Fの勇退記念特別列車は、2015年1月25日に運行されました。事前に新聞やWebサイトで大きく報道され、参加者は事前抽選となっていました。

私ももちろん、応募したのですが、ものの見事に外れ、当日は一般公開の見学と沿線での撮影のみとなりました。

特別列車の発車前、西鹿島駅2番線で待機中の27Fです。直前まで、色褪せた状態で留置されており、このまま引退では可哀想、と思っていたら、このイベントの為に顔と側面が塗り替えられ、鮮やかな赤色となっていました。屋根の部分が色褪せているのが分かりますでしょうか。

特別製のヘッドマークが誇らしげですね。


ヘッドマーク

そのヘッドマークです。赤電をあしらったシンプルで、尚且つ、素敵なデザインですね!

27F編成は、1974年8月に遠鉄に入線したモハ27号と、1963年12月に入線したクハ89号からなる編成です。

モハ27号は、前述の通り、モハ26号と共に増備された車両です。

一方のクハ89号は、クハ86号と同様に旧型車両からの車体更新車で、編成替えにより、モハ27号と組み合わされた経緯があります。この為、26Fと同じくモハ27号が両開き扉・全室運転台、クハ89号が片開き扉・半室運転台という、ちぐはぐな編成美となっていました。


クハ89号

新浜松駅2番線での一般公開で撮影した、クハ89号です。こちらにも、ヘッドマークが飾られていました。

同じクハ車でも、前面に方向幕が有ったり無かったり、細かいところで差異が見られるのが、30系電車の特徴でした。


ヘッドマーク

クハ89号のヘッドマークです。さりげなくあしらわれたレールと、ハートマークが素敵ですね〜


27Fモーター

モハ27号では、特別に床の扉が開けられて、モーターが見えるようになっていました。また、車内には、営業運転で活躍する27Fの写真が数多く展示され、40年間に渡って遠鉄の旅客輸送に貢献した27Fをねぎらっていました。


クハ89号運転台

クハ89号の運転台です。遠鉄最後の半室型運転台でした。この眺めもこれが見納めです。


扇風機

客室の天井を見上げれば、三菱製の扇風機。こういった扇風機も見られなくなりましたね。エアコンが取り付けられてからも空気循環用に回されていました。


手すり

27Fの手すりです。目立たないところですが、こんなお洒落な形だったんですね! 人に教えてもらうまで、こんな素敵なデザインだった事に全く気がつきませんでした。


荷物棚

27Fの荷物棚です。平成の電車の味もそっけも無いデザインと比べると、曲線を多用したいかにも昭和の電車らしいデザインです。 30系電車は、どちらかと言えば目立たない電車でしたが、実はデザイン的にも優れた車両であったことを認識しました。


岩水寺列車交換

特別列車の岩水寺駅での交換風景です。最も古い27Fと当時一番新しかった2005Fの列車交換は、まさに世代交代を象徴するようなシーンでした。


27F西鹿島駅

特別列車が西鹿島駅に帰ってきました。これから車庫に引き上げるところですが、留守番の51Fと偶然通りかかった天浜線のTH2100形が並びました。



【トップ】