コラム


絶滅危惧種“30系(形)”


Xデーが目前に迫っています!ご乗車はお早めに!

かつて、遠鉄の主力として活躍した、30系(形)電車。赤いボディに2ドア、ロングシート、大きな貫通路、そして2枚窓の湘南顔、ほんの20年ほど前までは、これが遠鉄の多数派でした。

しかし、時は流れ、新しい1000系電車と2000系電車の増備が続き、一方で老朽化した30系電車は、一両、また一両と姿を消してゆきました。 2015年1月に27F編成が廃車され、このページを書いている2015年9月現在、遂に湘南顔の30系電車は、25Fただ一編成を残すのみとなってしまいました。真新しい2006F編成の試運転が行われていた正にその時、西ヶ崎駅側線では、27Fの解体作業が行われていたのでした。

当り前のように走っていた電車が居なくなってしまう前に、今まで集めたライブラリから、30系電車の往年の雄姿を残しておきたいと思います。

その1 ありがとう!30F

30F-1

30F編成は、2008年5月31日に新浜松駅2番線でお別れの車両公開が行われました。確か、遠鉄では初めての廃車イベントだったと思います。

今ほどではなかったですが、大勢のファンが詰めかけて別れを惜しんでいました。

主役の30F編成には、特製のヘッドマークが掲げられ、引退に花を添えていました。


30F-2

30F編成は、1967年6月に遠鉄に入線した、クハ・モハ共に完全新造の電車で、遠鉄では初の両開き扉が特徴です。 40年間の長きに渡って遠鉄の旅客輸送の一翼を担い続け、遂にこの日、引退となりました。

まだまだ走れそうに見えましたが、一方で車体の各所に凹みやサビがあり、老朽化が進んでいるようでした。


整理券

当日、こんな整理券が配られましたよ。


方向幕

側面の方向幕は、懐かしの手回し式。当日はサービスで「浜北」が表示されていました。 かつては、「馬込」「西ヶ崎」「遠鉄浜松」といった区間列車用の方向幕があったのですが、合理化が進んだ今、それも昔話となってしまいました。


運転台

モハ30号の運転台です。同じ30系電車でも、後から作られた25Fと比べると、少しずつ違う点があって、興味深いです。


運転室

運転室は、クハ・モハ共、半室型です。 当日は扉が閉められていましたが、私が記憶している限り、営業運転中に閉められていた事は無かったと思います。

この眺めが当たり前だった頃が、とても懐かしく思えます。


図面

車内には、竣工図、台車、パンタグラフと共に、運転台の図面も展示されていました。


台車

台車です。確かトーションバーを使っていて、かなり珍しい台車だと聞いています。


抵抗器

抵抗器です。30系電車は、減速の際に発電ブレーキを併用する為、モーターで発生した電気を消費する為の抵抗器が備えられています。


コンプレッサー

C1000型コンプレッサーです。独特のバタバタ音が好きでした。それに比べると、今の電車って、本当に静かですね〜


その2 よく頑張った!26F

26F留置

浜北駅の側線に留置されている26Fです。なんだか、ぽつんと一人取り残されているようで、見る度に可哀想な気分になってしまいます。

2012年9月9日に、「ありがとう26号“勇退記念”特別列車」と称してさよなら運転が行われた後、1か月半ほどこの場所に留置されていました。 その後、一旦、西鹿島駅に自力回送され、西ヶ崎駅の側線が空くのを待って、2012年10月26日の深夜にED28により西ヶ崎駅に回送され、程なく解体されました。


26F留置その2

駅員さんに許可をいただいて、ホームから撮影しました。状態は良好なように見えますが、一方で老朽化は着実に進んでいて、聴く処によると、末期は余り調子が良くなかったそうです。

26F編成は、1974年8月に遠鉄に入線した、モハ26号と、1962年1月に入線したクハ86号からなる編成です。

モハ26号は、10分ヘッドでの運転開始に備え、モハ27号と共に増備された車両で、運転室がそれまでの半室型から全室型に変更されたのが特徴です。

一方のクハ86号は、旧型車両の車体更新車でしたが、相方のモハ36号が出力不足で遅延の原因となったことから、編成替えが行われたという経緯があります。 この為、モハ26号が両開き扉・全室運転台であるのに対し、クハ86号が片開き扉・半室運転台という、外観上、ちぐはぐな編成となっています。もっとも、そこがまた味のあるところなんですけどね。


方向板

クハ86号の行先票です。行先票が回転式だったり、差し込み式だったり、変化に富んでいたのも30系電車の特徴でした。


モハ26台車

モハ26号の台車です。モハ30号と同じく、トーションバー式の台車とのことです。


クハ86台車

クハ86号の台車です。確か、途中で空気ばね台車に更新されたと聞いています。


その3 グッジョブ!27F

27F

27Fの勇退記念特別列車は、2015年1月25日に運行されました。事前に新聞やWebサイトで大きく報道され、参加者は事前抽選となっていました。

私ももちろん、応募したのですが、ものの見事に外れ、当日は一般公開の見学と沿線での撮影のみとなりました。

特別列車の発車前、西鹿島駅2番線で待機中の27Fです。直前まで、色褪せた状態で留置されており、このまま引退では可哀想、と思っていたら、このイベントの為に顔と側面が塗り替えられ、 鮮やかな赤色となっていました。屋根の部分が色褪せているのが分かりますでしょうか。

特別製のヘッドマークが誇らしげですね。


ヘッドマーク

そのヘッドマークです。赤電をあしらったシンプルで、尚且つ、素敵なデザインですね!

27F編成は、1974年8月に遠鉄に入線したモハ27号と、1963年12月に入線したクハ89号からなる編成です。

モハ27号は、前述の通り、モハ26号と共に増備された車両です。

一方のクハ89号は、クハ86号と同様に旧型車両からの車体更新車で、編成替えにより、モハ27号と組み合わされた経緯があります。 この為、26Fと同じくモハ27号が両開き扉・全室運転台、クハ89号が片開き扉・半室運転台という、ちぐはぐな編成美となっていました。


クハ89号

新浜松駅2番線での一般公開で撮影した、クハ89号です。こちらにも、ヘッドマークが飾られていました。

同じクハ車でも、前面に方向幕が有ったり無かったり、細かいところで差異が見られるのが、30系電車の特徴でした。


ヘッドマーク

クハ89号のヘッドマークです。さりげなくあしらわれたレールと、ハートマークが素敵ですね〜


27Fモーター

モハ27号では、特別に床の扉が開けられて、モーターが見えるようになっていました。また、車内には、営業運転で活躍する27Fの写真が数多く展示され、40年間に渡って遠鉄の旅客輸送に貢献した27Fをねぎらっていました。


クハ89号運転台

クハ89号の運転台です。遠鉄最後の半室型運転台でした。この眺めもこれが見納めです。


扇風機

客室の天井を見上げれば、三菱製の扇風機。こういった扇風機も見られなくなりましたね。エアコンが取り付けられてからも空気循環用に回されていました。


手すり

27Fの手すりです。目立たないところですが、こんなお洒落な形だったんですね! 人に教えてもらうまで、こんな素敵なデザインだった事に全く気がつきませんでした。


荷物棚

27Fの荷物棚です。平成の電車の味もそっけも無いデザインと比べると、曲線を多用したいかにも昭和の電車らしいデザインです。 30系電車は、どちらかと言えば目立たない電車でしたが、実はデザイン的にも優れた車両であったことを認識しました。


岩水寺列車交換

特別列車の岩水寺駅での交換風景です。最も古い27Fと当時一番新しかった2005Fの列車交換は、まさに世代交代を象徴するようなシーンでした。


27F西鹿島駅

特別列車が西鹿島駅に帰ってきました。これから車庫に引き上げるところですが、51Fとちょうど通りかかった天浜線のTH2100形が並びました。


その4 いつまでも現役で!25F

25F西鹿島駅

2013年3月のトレインフェスタでの一コマです。この時は、1985年の高架線開通のヘッドマークを掲げて来場者を出迎えてくれました。

25Fは、遠鉄初の冷房車として、1978年11月にやってきました。遠鉄は元より、静岡県内の私鉄では初めての冷房車両とのことで、大変な話題となり、乗客の中には、夏場にこの電車が来るまで待っていた人もいたとか。

また、25Fは、完全新造のつり掛け車両としては、最後から3番め、ノーズ・サスペンション式つり掛けに限定すれば、日本で最後に作られた電車だそうです。 導入当時は、「わざわざ二世代前の技術で電車を作っている」などと影口を叩かれたものですが、おかげで車齢もまだ若く、今日でも元気に走り続けることができるのは、彼(彼女?)にとって幸せな事だと思います。


25F貸切列車

2015年9月5日、遠州地方の模型メーカー3社の共同企画で25Fの貸切列車が運行されることになり、ネットワークを生かして、全国各地から多くの鉄道ファンが集結しました。 もちろんこの私も、城東電軌さんからお誘いをいただき、張り切って参加しました!

さて、西鹿島駅2番線で準備中の25Fです。復刻版の「急」マークと「冷房」マークのダブルヘッドマークがイベントを盛り上げていました(誤乗防止の為、走行中、「急」マークは外されました)。

臨時列車でしたが、方向幕は「回送」で運行されました。あれ?「団体」か「臨時」って、無かったっけ?


クハ85運転台

発車前にクハ85号の運転台を撮影しました。先述のモハ30号と比べると、運転台が全室型になったせいか、機器類がゆったりと配置されているように見えます。 それまでの30系では左側に配置されていた速度計が、正面に移され、代わりに架線電圧計が新設されたのが特徴です。

一方、この日、反対側のモハ25号の運転台がどうなっていたかと言いますと…………


モハ25運転台

ご覧の通り! 撮影用や録音用の機材がずらりと並んで壮観でした。こういう機会でもないと、前面展望の動画など中々撮れませんからね。 撮り鉄の皆さんがこの機を逃すまいと、自慢の機器を持ち込んでおられました。主催者もなるべく雑音が入らないように配慮し、途中に規制線を張る念の入れようでした。


非常ブレーキ

運転台には、車掌用の非常ブレーキ弁が設けられていて、緊急時に紐を引くと、ブレーキが掛かる仕組みです。

駅から出発する際、車掌さんが窓から身を乗り出しつつ、この非常ブレーキに常に手を掛けていたのを思い出しました。


留置ブレーキ

もう1つブレーキネタ。運転台の右側に設けられた留置ブレーキです。自動車でいうところのサイドブレーキです。こういった手動式のブレーキも珍しくなりましたね。


ロングシート

文字通り、長ーーーーいロングシートです。手すりの形が27Fと異なっています。


連結部

30系電車のもう一つの特徴、解放感溢れる(笑)幅広の連結部です。転落防止の手すりは、昔から鎖でした。


非常ボタン

緊急通報用のSOSボタンです。


非常用ドアコック

緊急時にドアを手動で開ける為のコックです。


モハ25銘板

モハ25号の銘板です。


クハ85銘板

クハ85号の銘板です。この形式もそう遠くない将来、過去のものになりそうです。


25F

イベント列車の運行が終了し、お疲れ様の25Fです。この直後、51Fのサポートで全般検査の為に工場入りしました。……ということは、後4年は安泰かな?  ファンとしては、これからも時々でいいから、元気に走る姿を見せてもらいたいと願う次第です。


その5 俺を忘れるな!51F

51F

おっといけない! 彼(彼女?)を忘れるところでした。51F編成です。これまでの30系とは似ても似つかない外観ですが、れっきとした30系電車の一員です。 公式には、30形後期型などと称されています(このサイトでは、30系51Fと書かせていただいています)。

51Fは、連続窓の前面、幅細の貫通路、カルダン駆動、など、それまでの30系電車とは面目を一新し、1980年12月に旧馬込駅の側線から入線しました。

ブレーキシステム以外は、後から来た1000系電車に類似する仕様であり、1000系への過渡的な車両、と評する人もいます。


51F

西鹿島駅側線で今は亡きモハ27号と仲良く並んだ、モハ51号です。

30系電車のもう一つの特徴?として、形式番号の解りづらさがあります。30、29、28とカウントダウンし、25まで来たと思ったらいきなり51に飛んでいるので、余計に混乱しますよね。 その為か、事情の知らない人のブログやサイトを見ると、20系電車や51系電車といった間違った記述に度々遭遇しますが、止むを得ないところですよね。

30系の試作車であるモハ31号から始まって、モハ39号まで作られた後、40番台を嫌って(何故かというと、「42」が有る為です)モハ30号を設定し、 その後の新造車は、いずれ改番することを前提に、モハ29号、モハ28号、とカウントダウンしていったと聞いています。

結局、改番の話が流れてそのままになってしまい、今日に至りました。


さて、長々と30系電車を紹介してきましたが、2016年5月現在、残されたのは25Fと51Fの2編成のみとなってしまいました。おそらく、後4年は安泰と思われますが、車両の状態によっては廃車が早まることも予想されます。 また、30系電車は、1000系や2000系との併結ができないことから、25Fと51Fのどちらか一方が廃車となる時点で、もう片方も存在意義が無くなることを意味します。もしかしたら、2編成同時廃車ということも有るかもしれません。

まだ数年あるとはいえ、形式消滅のXデーは目前に迫っています。くれぐれも、ご乗車はお早めに!




【トップ】