大日本軌道の面影

大日本軌道時代の路線


はじめに

現在、遠州鉄道と呼ばれている鉄道は、以前は「遠州電気鉄道」と言いました。さらにその前身は、「遠州軌道」、また更にその前は、「大日本軌道浜松支社」でした。

大日本軌道が遠州地方に初めて敷いた線路は、現在の遠州鉄道の西側に隣接するように、二俣街道(又は二俣西街道)と呼ばれている道路上に敷設されていました。このことは、「遠鉄の歴史」でも述べています。早い話が、最初は路面電車(もっとも電車ではなく、蒸気機関車でしたが)のようなものだった訳です。線路幅は762mmの軽便規格で、車両も小さく、起点の浜松駅から、終点の鹿島駅まで、1時間半(文献によっては2時間とも)も掛けてのんびりと走っていたそうです。

軽便時代の線路や駅の場所については、大正時代の古い地図を国土地理院から入手したり、土地宝典を図書館で閲覧したりして、大半は特定することができたのですが、二俣街道から離れる芝本駅から岩水寺駅間については、残念ながら未だに推定の域を出ません。

このコーナーでは、今まで文献でもWebサイトでもほとんど紹介されたことの無い、改軌・電化以前の大日本軌道時代の路線について、ご紹介します。



大日本軌道時代の駅

大日本軌道時代の駅(当時は簡素な停留場が大半だったと思われます)は、どうなっていたのでしょうか、かなり強引ですが、改軌・電化後、また、現在の駅と対比させると、下表のようになります。ここで“−−−”は、移転や廃止により、対応する駅が無いことを示しています。また、同じ行に書いてある駅同士は、同じ場所、または比較的近くにあって、対応関係にあることを示しています。

なお、例によって、本来、起点である浜松から書くのが筋なんですが、筆者の個人的趣味により、終点の鹿島側から書いています(^_^;)

大日本軌道 改軌・電化後 現在
鹿島(かじま) 遠州二俣(えんしゅうふたまた) −−−
−−− −−− 西鹿島(にしかじま)
御馬ヶ池(おうまがいけ) −−− −−−
岩水寺(がんすいじ) 遠州岩水寺(えんしゅうがんすいじ) 岩水寺(がんすいじ)
芝本(しばもと) 遠州芝本(えんしゅうしばもと) 芝本(しばもと)
新原(しんぱら) −−− −−−
−−− 遠州小林(えんしゅうこばやし) 小林(こばやし)
道本(どうほん) 道本(どうほん) −−−
−−− −−− 美薗中央公園(みそのちゅうおうこうえん)
貴布祢(きぶね) 遠州貴布祢(えんしゅうきぶね) 浜北(はまきた)
小松(こまつ) 遠州小松(えんしゅうこまつ) 遠州小松(えんしゅうこまつ)
西ヶ崎(にしがさき) 遠州西ヶ崎(えんしゅうにしがさき) 西ヶ崎(にしがさき)
松木(まつき) 遠州松木(えんしゅうまつき) 積志(せきし)
新村(しんむら) 遠州新村(えんしゅうしんむら) −−−
−−− −−− さぎの宮(さぎのみや)
共同(きょうどう) 遠州共同(えんしゅうきょうどう) −−−
市場(いちば) 遠州市場(えんしゅういちば) 自動車学校前(じどうしゃがっこうまえ)
上島(かみじま) 遠州上島(えんしゅうかみじま) 上島(かみじま)
島の郷(しまのごう) 遠州島の郷(えんしゅうしまのごう) 曳馬(ひくま)
助信(すけのぶ) 遠州助信(えんしゅうすけのぶ) 助信(すけのぶ)
−−− −−− 八幡(はちまん)
常盤(ときわ) −−− 遠州病院(えんしゅうびょういん)
浜松(はままつ)
→板屋町(いたやまち)
遠州浜松(えんしゅうはままつ) −−−
−−− −−− 新浜松(しんはままつ)

注1)御馬ヶ池は、地元では“おんまがいけ”と発音することが多いです。

注2)新原は、地図では“しんはら”となっていますが、“しんぱら”と発音することが多いです



【トップ】 【次のページ】