大日本軌道の面影

岩水寺停留場跡


大日本軌道鹿島線の線路跡は、現在、道路として使われています。

この写真は、御馬ヶ池停留場跡から、岩水寺方面を写したもので、線路の右手が、鹿島線の線路跡を利用して作られた道路です。


鉄橋跡

御馬ヶ池停留場跡から、岩水寺方面に300mほど進むと、新東名高速道路の高架橋と立体交差する場所に、小さな水路が有ります。ここには、遠鉄の小鉄橋と共に、短い道路橋が掛かっています。東側から道路橋の下を覗いてみると、幅の狭い石積みの橋台が残されていました。

この石積みの橋台は、手前の遠鉄の鉄橋よりも、明らかに古い構造物です。石積みであることと、横幅の狭い橋台であることから、大日本軌道鹿島線の鉄橋跡と思われます。

改軌・電化後、線路跡が道路に転用されたことに伴ない、道路橋の橋台として再利用されたようです。

<<情報提供;城東電軌様>>


さらに岩水寺駅に近づくと、道路の横、フェンスの向こう側に線路端が広く空いた場所があります。これも大日本軌道鹿島線の線路跡と考えられます。

ここから進むと、線路跡は道路と民家で途切れていて、そこから先の経路を辿ることはできなくなっていました。


岩水寺停留場跡

岩水寺駅ホーム南端から、新浜松方を写しました。

大日本軌道時代の岩水寺停留場は、写真奥の踏切付近にあったと推定されます。また、確証はありませんが、写真右、男性が立っている細い道路が線路跡である可能性があります。

ちなみに、奥に小さく写っている電車は、懐かしの30系27号です。この写真は、2015年1月25日の27号さよなら運転の際に撮影しました。


地図

現在の地図に大日本軌道鹿島線を書き込んでみました。

今までお話した通り、大日本軌道鹿島線は、現在の遠鉄西鹿島線の線路に並行するように敷かれていたことが、お判りいただけると思います。



【トップ】 【前のページ】 【次のページ】