大日本軌道の面影

西ヶ崎停留場跡


西ヶ崎停留場地図

旧西ヶ崎(にしがさき)停留場は、現在の西ヶ崎駅の南南西約100mの地点にあったようです。

さらにこの停留場からは、支線である笠井線が、東に向けて分岐していました。大日本軌道時代は、西鹿島線と笠井線の線路は繋がっていて、浜松方面から笠井行きの直通列車もあったようです。

(この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものです)


西ヶ崎停留場跡

この場所は、現在、二俣街道と、笠井往環と呼ばれる道路の交差点となっています。


西ヶ崎停留場跡の地図

現在の地図に西ヶ崎停留場を書き込んでみました。

まるで交差点のど真中に停留場があったように見えますが、当時は笠井往環(地図を左右に横切る道路)は、まだ有りませんでした。

笠井線の廃線跡を利用して道路が作られたのは、一目瞭然ですね。現在は、道路の拡張工事が盛んに行われています。

緑色の場所は、西鹿島線の改軌・電化開業後、独立線区となった笠井線の車庫が設けられた場所です。現在は、遠鉄利用者用の駐車場となっています。



【トップ】 【前のページ】 【次のページ】