大日本軌道の面影

貴布禰停留場跡〜小松停留場跡


貴布禰停留場地図

旧貴布禰(きぶね)停留場は、現在の浜北駅の北方約200mの地点にあったようです。

当時の集落に近い場所に、停留場が作られていたことが判ります。

(この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものです)


貴布禰停留場跡

この場所には現在、薬局、中華料理店、予備校などがあります。


貴布禰停留場跡の地図

現在の地図に貴布禰停留場を書き込んでみました。




小松停留場地図

続けて旧小松停留場跡に行ってみましょう。

大日本軌道鹿島線の小松停留場は、現在の遠州小松駅からは北方約400mの地点にありました。利用客の便を考え、集落の近くに停留場が設けられていたのは、貴布禰停留場と同じです。

(この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものです)


小松停留場跡

この場所には、現在、はんこ屋さんが有ります。そして、右に見える白い建物の場所は・・・別のページでお話した、かつて遠江銀行と思われる金融機関があった場所です!つまり、小松停留場は、遠江銀行の目の前にあったことになります。

改軌・電化開業後、遠江銀行には、専用線が設けられていましたから、大日本軌道時代にも、貨物側線があった可能性は十分に考えられます。ただ、残念ながらそれを裏付ける資料は見つかっていません。


小松停留場跡地図

現在の地図です。改軌・電化後の遠州小松駅は、大日本軌道時代の小松停留場から大分離れた場所に建設されたことが判ります。

改軌・電化された大正12年当時の地図を見ると、遠州小松駅周辺は、何も無かったようです。



【トップ】 【前のページ】 【次のページ】