大日本軌道の面影

松木停留場跡〜新村停留場跡


大日本軌道鹿島線時代の松木駅は、地図によれば現在の積志駅隣の踏切付近にあったようです(上の矢印)。

ここは、二俣街道から離れた場所に停留場が作られていました。左の古い地図からも、線路が二俣街道のカーブをショートカットするように敷かれていたことが、お判りいただけると思います。

また、線路が二俣街道上に戻るとすぐに、新村停留場がありました(下の矢印)。

(この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものです)


積志駅周辺は、大日本軌道鹿島線の線路跡が今でも明確に残っている場所です。積志駅の駅舎が建っている場所、そしてそこから奥に続く細い道、これこそが、かつての大日本軌道鹿島線の線路跡です。

ここから北方に線路跡を辿ってみましょう。


積志駅前から北方に100メートルほど進み、振り返って写しました。奥に積志駅のプラットフォームが見えます。

線路跡の道路は、車1台分の細い道幅で続いています。


更に北方に200mほど進んで、二俣街道との合流点に来ました。

エスのマークのスズキの看板の下、白い車の場所が合流点です。


この地図は、昭和10年(1935年)発行の浜名郡積志村土地宝典です。土地宝典とは、今でいうところの住宅地図のようなものです。

これを見ると、大日本軌道鹿島線が、二俣街道から分岐していたことが見て取れると共に、単に既存の街道上に線路を敷いたのではなく、道幅を拡幅した上で線路を敷いていたことが判ります。

また、この地図から、なぜ松木停留場付近だけ、二俣街道から外れたのか推測できます。おそらくは、この地区の二俣街道沿線は、特に民家が密集していて、線路を敷くための土地買収ができなかったのでしょう。


一方、積志駅南方はどうなっているかというと、線路跡が細い歩道として残されていました。


上の写真の場所で振り返り、ちょうど通りかかった1005号を見送りながら写しました。

歩道は、この先で私有地となり、通り抜けすることはできませんでした。

右に少し見えているのは、JAとぴあ浜松の低温倉庫です。遠鉄の線路のすぐ脇にあって、いかにも側線があったような雰囲気ですが、残念ながらここに側線があったという記録は有りません。


再び昭和10年発行の積志村土地宝典を見ると、現在の線路端から分かれていく大日本軌道鹿島線の線路跡(黄色の矢印)が見て取れます。

なお、緑の矢印は、上の写真に写っている、JAとぴあ浜松の低温倉庫がある場所です。当時から倉庫があったようですね。


別のページでも説明していますが、この辺りの線路端には、現在でも大日本軌道鹿島線の線路跡が残されています。左の写真で線路の向こう側が広く空いているのがお判りになるでしょうか?


そして大日本軌道鹿島線は、再び二俣街道に合流し、その合流点の近くに新村停留場が設けられていました。現在の浜松市立積志小学校前です。


現在の地図に当て嵌めると、こんな感じです。

二俣街道上に敷かれていた線路が、松木駅手前で街道から外れ、そして再び街道と合流していたことがお判りいただけると思います。



【トップ】 【前のページ】 【次のページ】