大日本軌道の面影

共同停留場跡〜市場停留場跡


さて、二俣街道上の線路は、大分、浜松の市街地に近づいてきました。ここでは、共同(きょうどう)停留場と市場(いちば)停留場をご紹介します。

(この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものです)


大日本軌道鹿島線時代の共同停留場は、現在のさぎの宮駅から南西に150mほど進んだ交差点付近にあったと思われます。

改軌・電化開業後の遠州共同駅は、この交差点を右手に進んだところにありました。


続いて市場(いちば)停留場は、現在の自動車学校前駅から南西に200mほど進んだ、市場橋付近にあったと思われます。

市場橋は古い橋ですが、大日本軌道鹿島線よりも後の昭和6年(1931年)竣工でした。


現在の地図に両停留場を当てはめてみました。



【トップ】 【前のページ】 【次のページ】