大日本軌道の面影

常盤停留場跡〜浜松駅跡


軽便鉄道の旅もいよいよ終点です。常盤(ときわ)停留場、そして終点の浜松駅です。

なお、文献によれば、浜松駅は、1918年以前に板屋(いたやまち)駅に改名されたとのことですが、本サイトでは、浜松駅で統一させていただいています。

(この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用したものです)


現在の常盤手停留場跡付近です。

高架橋の直下でオレンジ色のタイルが敷かれている場所は、高架線に移る以前に遠鉄西鹿島線の線路が敷かれていた場所で、現在は遊歩道として整備されています。地図から推測すると、大日本軌道鹿島線時代も、同じ場所に線路が敷かれていたと考えられます。


そして、終点(正しくは起点)の浜松駅跡です。1985年12月に遠鉄西鹿島線が高架線に移った後、徹底的な区画整理が行われ、それまであった古い町並みは完全に失われてしまいました。当然のことながら、浜松駅の痕跡も全く残されていません。


現在の地図に重ねるとこんな感じです。

道路も建物も、何もかもが作り替えられてしまったため、古い地図を頼りにかつての浜松駅の場所を特定することは困難です。止む無く、浜松駅の場所は、「推定」とさせていただきました。



【トップ】 【前のページ】