遠鉄の音

ビバ!吊り掛け


豪快なモーター音をお楽しみ下さい(笑)

かつては遠鉄の顔であった30系電車。老朽化や新型電車の増備によって廃車が進み、この記事を書いている2018年3月では、ついに全車廃車=形式消滅が決まってしまいました。

30系電車は、懐かしい湘南顔の外観だけでなく、吊り掛け駆動と電気制動の両方を備えた、全国的に見ても希少な電車でした。すなわち、加速の時だけでなく、減速の時にも豪快はモーター音を楽しむことのできるレアな車両だったのです。

そんな希少な電車でしたから、私は機会がある度に吊り掛け&電気制動音を録音してきました。そこでこのコーナーでは、遠鉄の発展に貢献し、屋台骨を支え続けた30系電車に敬意を表して、今までに収録した、30系電車の各編成のモーター音を一挙公開したいと思います。

その1 西ヶ崎駅にて〜2006年5月4日

25F西ヶ崎到着

収録した日は、浜松祭りの当日で、見物客の輸送のため、新旧電車が総動員されていました。先行する2000系電車に乗り、西ヶ崎駅で下車して線路脇の駐輪場で30分ほど待っていると、26F+27Fの四連がやって来ました!

グオーンという、重い吊り掛け電制音と共に、バタバタ(ガシャガシャ?)という、C-1000形コンプレッサーの独特な音も収録することができました。なお、ゴソゴソという音が聞こえますが、当日、ウインドスクリーン付きのマイクを持っていなかったので、風除けの為に慌ててICレコーダに被せたハンカチが擦れる音です。

26F+27F(MP3形式) 新浜松行き 西ヶ崎駅到着〜出発


その2 小林-芝本間〜車内にて〜2006年5月4日

30系交換中

今度は乗車して、車内の音を録音することにしました。先ほどの26F+27Fが戻ってくるのを待って、北浜中学校前(現、美薗中央公園)から乗り込みました。浜北駅から先は、大分乗客が少なくなるため、収録には好都合です。ただ、5月だというのに、既にエアコンが入れられていて、送風機の音が邪魔でした。

小林〜芝本間は、距離が長いため、途中で再力行しています。また、当時は警報機の無い踏切があったため、警笛を何度か鳴らしています。今やこの区間は高架線となり、警笛音も滅多に聞けなくなってしまいました。

26F+27F(MP3形式) 西鹿島行き 小林〜芝本

右の写真は、当日運行されていた30系電車が浜北駅で交換している風景です。左が51F+25Fの新浜松行き、右が26F+27Fの西鹿島行きです。この写真が撮影された時、私は北浜中学校前駅で26F+27Fが来るのを待っていました。

<<写真提供;そよかぜ様>>


その3 西鹿島-岩水寺間〜車内にて〜2008年3月13日

30F編成

少し時が下って、2008年の春先、30F編成が西鹿島を出発するときの音を録音しました。当時の西鹿島駅は、発車メロディではなく、ブザー音でした。

気温が低い時期でエアコンが動いておらず、また、乗客も少ない朝の時間帯で、雑音の少ないクリアーな音を録ることができました。

30F(MP3形式) 新浜松行き 西鹿島〜岩水寺


その4 西鹿島-岩水寺間〜車内にて〜2009年10月23日

25F編成西ヶ崎到着

更に翌年の秋、早朝に25F+51Fに乗車した時の音です。出発前に運転士さんがブレーキ試験をしていました。

出発が西鹿島駅の2番線からだったため、発車してポイントを過ぎるとき、一旦ノッチオフしているのが判ります。また、録音場所が貫通路の近くだったらしく、連結器が軋む音が入っています

同じ30系でも、車によってモーター音が少しずつ異なるのが面白いですね。特にモハ25号は、「悲鳴のような」金属的なモーター音が特徴でした。

25F(MP3形式) 新浜松行き 西鹿島〜岩水寺



【戻る】